ロッテの2年目・佐々木朗希(19)が、2軍の西武戦(ロッテ浦和)で先発し、プロ入り後の最長イニングとなる3回を1安打無失点に抑えた。

ストレートを中心に39球。最速は153キロだった。

「3イニングを投げるのは初めてでしたが、まずはしっかりと投げ切ることが出来て良かったと思います。今日の収穫はランナーが出た場面でも、変わりなく投げることができたことです。次回登板では、もっと長いイニングを投げられるように頑張ります」とコメントした佐々木。
1軍登板へ向け着実に歩みを進めている。

【投球内容】
3回(39球) 安打1 三振2 死四1 失点0