味と価格に遠方からも客訪れる…香ばしくジューシーな焼き豚

名古屋市千種区の精肉店に、一度食べたらやみつきになる絶品の焼き豚がある。先代より受け継いだ秘伝のタレに漬け込み、炭火でパリッと焼いた逸品は、50年以上愛される店の看板商品だ。

その噛むごとに溢れでる肉汁、香ばしくてジューシーな絶妙な焼き加減を引き出すのは、77歳の職人の技と勘だ。

この記事の画像(20枚)

名古屋市千種区今池。今池公園の南、繁華街から少し離れたところに「肉の水野」はある。昭和32年から続き、現在は2代目の水野一郎さんをはじめ、約10人の職人が働いている。

ショーケースには精肉の他に、手作りのローストビーフやローストポーク、そしてイベリコ豚の角煮など、惣菜も並ぶ。

中でも、先代が考案し50年以上続く看板商品が「自家製 炭焼き 焼き豚」(100グラム345円)。
香ばしくてジューシー。味だけでなくその価格も魅力で、遠方からもわざわざ客が訪れる人気商品だ。

女性客A:
おうちでも食べるし、お土産にも持って行くしね。美味しいから喜ばれる。よそでは買わん

女性客B:
出来立ての温かいのを、すぐラーメンに乗っけてごらんなさいよ。すごくおいしいですよ。パーフェクトです

時代に合わせ客の要望に応える…先代から続く秘伝のタレを“濃いめ”に改良

その味と製法を守るのが青山吉勝さん(77)。専属で焼き豚を作り、50年以上続く味を守るエキスパートだ。

2代目も絶対の信頼を寄せる、青山さんの焼き豚作り。まずは肉の仕込みから。様々な部位がある中、柔らかくジューシーという、三河豚のもも肉だけを使う。

脂は多すぎると食感や風味を損なうため、余分なものを取り除く。包丁でさばき、30分ほどで30本以上に切り分けた。それをタレに漬け込む。

青山さん:
タレは企業秘密になるから言えないですけどね。しょうゆベースで他のものが色々と入ります

先代が考案した秘伝のタレ。青山さんはこれを2代目と相談し、客の好みに合わせ少しだけ変えた。

水野さん:
味を濃くしたんですよ。焼き豚のタレをつけての販売を親父が許してくれなかったので、改善するには濃くした方ができるかなと

先代の頃は今よりも薄味で、タレを求める客が多くいた。そこで漬け時間を長くし、味を濃くした。漬け込んだ肉は一晩寝かせる。

香ばしく焼き上げるために…職人だけが知る絶妙な火加減でじっくり2時間

翌朝午前6時。炭焼きの準備を始める。先代から受け継いだ炭焼き用の窯。今では製造されていない年代物だ。使う炭は岩手産のナラの木。

青山さん:
柔らかい炭の方が、火力が一気に上がってくる。先代の時からこの炭。ポイントは火力、一番難しいのが火力

しっかりとタレがしみ込んだ肉に、金具を取り付け、窯に吊るす。そこへ、火のついた炭を並べていく。火柱が立つまで、うちわで風を送ると…。ここから2時間ほどかけて、じっくりと焼く。

途中、数十分おきに炭を足し、火力を調整。火力が強すぎれば表面が焦げてしまい、弱いと生焼けに。どれだけ炭を足すかは、長年の経験から得た職人の勘だ。焼き上がるまで、細心の注意を払い続ける。

先代から叩き込まれた“火力こそ焼き豚の命”…体で覚えた熟練の技

青山さんは中学卒業後、洋食店のコックを経て名古屋市千種区のスーパーで調理を担当した。その店が閉店となった時、先代の孝四郎さんに誘われ「肉の水野」に入社。その先代が何より力を入れていたのが、焼き豚作りだった。

青山さん:
先代が朝早くからやってみえて、先代も年をとってきてえらい(辛い)から、「お前さんは板場をやっていた経験があるからやってくれ」ということで

先代の手伝いをしながら、当時既に人気商品だった焼き豚作りを体で覚えた。特に指導を受けたのは、やはり…。

青山さん:
一番印象的だったのは炭の火力。火力ひとつで真っ黒になったり…。まず経験ですね。いきなりはできない

やはり火力こそが命。職人だけが知る絶妙な火加減で、肉は香ばしさと、食欲をそそる色をまとっていく。

焼き加減は触って確認…自慢の焼き豚は先代から受け継いだ「宝物」

焼き豚作りもいよいよ佳境。仕上がり具合は、肉を触り指先に伝わる感覚で見極める。

青山さん:
熱いけど、自分で触ってみて硬くなっていれば焼けている。柔らかくなっていれば焼けていない

焼き続け何十年、やっと触るだけで焼き加減がわかるようになった。最後に中の焼き上がりを、温度計で確認。

こんがりと焼きあがった表面に包丁を入れると、あふれ出る肉汁。外はパリっと、中はほんのり赤みを帯びた、絶妙の焼き加減だ。

噛むごとに肉とタレの旨味が広がる。先代の味を受け継ぎつつ、時代に合わせた「肉の水野」の自家製焼き豚は、100グラム345円。大きな1本で1500円前後と価格もお値打ちだ。

2代目の水野さん:
良いものを、うちの父が遺してくれたなと。青山さんがやっているから間違いない。今までそういう風できました

青山さん:
先代が必死になってやりあげたことを受け継ぐのは、稀じゃないかと思いますよ。こんなものを受け継がせてもらえたっていうのは。宝物を受け継いだようなものですからね

(東海テレビ)

記事 2424 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。