イクラが大好きな3歳の男の子のために作った“クオリティ”の高い寿司がTwitterに投稿され、話題となっている。

それがこちら。

イクラ大好きな息子のために妹が作った寿司(王蟲)こんなんイクラ嫌いになるだろ…

このコメントとともにTwitterに投稿されたのは、映画「風の谷のナウシカ」に登場する王蟲(オーム)と呼ばれる生物を模して作られた寿司。

黒い海苔で寿司全体を覆い、さらには足や触覚も表現。前方にはイクラの粒が等間隔でついており、王蟲の独特で不気味な雰囲気を見事に再現している。

この記事の画像(7枚)

Twitterに投稿したのは、息子さんの父親である「kenta」(@kenta_zc6)さん。

イクラが大好きな息子さん(3)のために「kenta」さんの妹さん(28)が作ったというが、出来栄えがあまりにもリアルで、大好物とはいえ、喜ぶよりトラウマになってしまうのではないかと心配になるクオリティだ。

「風の谷のナウシカ」の王蟲 © 1984 Studio Ghibli・H

Twitterでは「妹さん、天才的です」「発想と再現の技術が素晴らしいです」などの声があり、約1万5千件のリツイート、約8万8000件のいいねがつくなど話題となっている。(1月21日現在)

ここで気になるのが、やはり寿司を見た息子さんの反応だろう。また、息子さんは食べてくれたのだろうか?投稿者の「kenta」さんにお話を伺った。

息子は“王蟲寿司”に不思議そうな表情

ーーなぜ作ろうと思った?

年末に家族で寿司を取ろうとなって、息子のために「いくら頼んどいて〜」という言葉を妹が聞き、寿司を使って驚かせるために妹が作りました。


ーー息子さんの反応は?

怖がるというよりは不思議そうな顔をしていました。そして、嬉しそうに食べてくれました。


ーー息子さんは王蟲を知っている?

ナウシカを見たことないので、わかっていないと思います。

不思議そうに王蟲寿司を見つめる息子さん

妹は喜んでもらえて満足

ーー息子さんはイクラのどういうところが好きなの?

赤色が好きなのでそれの影響と、イクラをプチプチと呼んでいるので食感が好きだと思います。


ーーでは、妹さんは料理好き?

料理はしないほうだと思いますが、絵を描いたりするのは得意だと思います。


ーー息子さんの反応を見て妹さんは?

喜んでもらえたので、満足したと思います。


ーー海苔の下はどうなっている?

全てご飯になっています。


ーーこだわりは?

パッと見て王蟲だとわかること。みんながわかるネタをちょうど良いクオリティで、表現したところです。

ーー反響はあった?

リツイートやいいねが多くとても反響がありました。

王蟲(オーム)寿司を食べてくれた

イクラ寿司をもう1つ作った

そして妹さんは王蟲寿司だけでなく、息子さんが大好きなイクラたっぷりの手のひらサイズの巨大な軍艦も作ってくれたとのこと。

巨大なイクラ寿司をみて喜ぶ息子さん

ーーもう1つ作ったとか…その反応は?

イクラの寿司を見た時は、とても嬉しそうな反応でした。
 

巨大なイクラ軍艦

やはり巨大なイクラ軍艦には抜群のリアクションをしたようだ。そして王蟲寿司を見ても、嬉しそうに食べている様子が可愛らしく安心した。今後、甥っ子思いの妹さんがどんな料理を作ってくれるのかも楽しみだ。
 

【関連記事】
「いらっしゃいませ」4歳息子のために作った“回転寿司店セット”は毎晩営業中!​
おばあちゃんが孫に作ったマスクは“超特大”…愛情の大きさに笑えて泣ける