自民党の森山国対委員長は、緊急事態宣言が発令された後の国会議員の会食について、「4人以下で午後8時まで」とするルールを定める考えを示した。

自民党・森山国対委員長「夜の会食は8時までとし、アルコールを頂く時間は午後7時までとするということをしっかり守っていこうと」

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府は1月7日、首都圏1都3県を対象に緊急事態宣言を発令する。これを受けて自民党の森山国対委員長は、国会議員の会食について、緊急事態宣言の対象地域では「4人以下で午後8時まで」とするルールを設ける考えを示した。

政府が国民に大人数での飲食を控えるよう求めている中で、国会議員の夜の会食には国民からの厳しい目があり、森山氏は「ルールを明確にすることで理解をいただきやすい」との認識を示した。

今後、衆参両院の議院運営委員会で協議し、与野党で合意したい考え。