プロ2年目のシーズンを終えたロッテ藤原恭大外野手(20)が10日、契約を更改、300万円増の年俸1800万円でサインした。(金額は推定)

今季は10月上旬にチーム内の新型コロナウイルス感染があり、1軍に緊急昇格した。シーズン終盤の23試合でスタメン出場し、打率2割6分、3本塁打、4盗塁をマーク。さらに、ソフトバンクとのクライマックス・シリーズ第2戦では3安打を放つなど、来季のレギュラー獲得へアピールした。

飛躍が期待される若武者は「まずは1軍で全試合出ることを目標にして、そこに向かって頑張ってきたい」と、フル出場を誓った。

(1月10日 Live News αより)