空の下で楽しむヒノキのサウナ

12月の寒空の下、半袖になる男性…向かった先は?

参加者:
行ってきまーす!

この記事の画像(10枚)

沖縄からの参加者:
最高ですねこれ! 木の香りがいいっすね

大阪からの参加者:
木の香りと蒸気が、すごくいい気分です

大自然の中にたたずむこの“箱”こそ、高知・四万十町産のヒノキで作られた「組み立て式のサウナ」。

このサウナを使って、寒い冬の夕べに四万十町の自然を満喫してもらおうというイベントが始まった。

ほてった体を四万十川に…自然の中で“整う”

企画したのは、四万十町でアクティビティ事業などを行う「RELA GREEN VILLAGE」。

初日となる12月4日は、高知県の内外から17人が参加した。
日が暮れ、外の気温は7度とかなり冷え込んでいるが…
しっかり汗をかき、体を温めたら、ここからがイベントの醍醐味(だいごみ)。

参加者:
いい! これはいい!

天然の水風呂“四万十川”で、ほてった体を冷やす。

東京からの参加者:
最初はちょっと冷たいんですけど、(水に)入って上がった時に、ほわ~ってするんですよ。それが「整った」っていう感じがして、すごく気持ちいいです

大阪からの参加者:
大阪では味わえない、自然の中でのサウナなので、ぜいたくです

RELA​ GREEN VILLAGE・佐竹孝太社長:
地域、こういう場所に新しいきっかけや価値の見いだし方を少し提供できたかなと実感している

「四万十川アウトドアサウナ」は、金・土・日限定で2021年1月末まで行われる。
(1人2,000円 税込、四万十川・川遊び公園ふるさと交流センターで開催)

このイベントでは、「サウナ」だけでなく、早朝に四万十町で育ったアユや豚など地元の食材を堪能できるマルシェも開催している。

(高知さんさんテレビ)