「5分でできる」「時短でできる」…増える“おうちごはん”に高まるお手軽料理のニーズ

この記事の画像(42枚)

新型コロナウイルスの影響で、家でごはんを食べる人が増えたこともあり、今、料理のレシピ本が人気だ。
「レシピ本大賞」で受賞した本のレシピを実際に作ってみた。お手軽で納得の味が続々と登場する。

9月に発表された「第7回料理レシピ本大賞in Japan」。書店員と料理研究家による投票で最も優れたレシピ本を選考する。

SNSで人気の料理研究家による「悪魔のレシピ」が大賞を受賞。お弁当を効率よく作るレシピが詰まった「藤井弁当」が準大賞に選ばれた。他にも「力尽きレシピ」など、気になるネーミングの本も。

丸善名古屋本店でも、大きく「料理レシピ本大賞」が扱われていた。

今年は、特に簡単に調理のニーズが高く「5分でできる」「時短でできる」などのタイトルの本が売れている。

ピザの生地を「豚ロース」で…発想の転換が魅力なレシピ本

大賞を受賞した「悪魔のレシピ」の著者のリュウジさんは、SNSを中心に人気を集める料理研究家。

「焼き鳥グラタン」や「ガーリックシチュー」など、ちょっと不思議な組み合わせが興味をそそられる。

「悪魔のレシピ」からおすすめのメニューを2つ。
最初は「悪ウマ肉ピザ」。

<材料(1人前)>
・ 豚ロース肉:1枚
・塩コショウ:少し
・オリーブ油:小さじ1
・トマトソース:大さじ2
・ピザ用チーズ:30g
・パセリ:お好みで

「悪ウマ肉ピザ」は、生地に普通のピザ生地ではなく、トンカツ用のロース肉を使う。

まずは肉に塩コショウをかけて、両面を焼く。

焼き色が付いたらトマトソースを乗せ、チーズはたっぷりと。蓋をして弱火で蒸し焼きにするだけでできあがり。

柔らかい豚肉とピザの味が絶妙にマッチ。簡単に作れて病みつきになるメニューだ。

「悪魔のレシピ」からのもう一品は「半熟カマンベールカルボナーラ」。

材料は、卵にカマンベールチーズなど、パスタは5分ゆでのものを使う。

<材料(1人前)>
・パスタ(5分ゆで):1束
・コンソメ:小さじ1強
・塩:少し
・オリーブ油:小さじ2
・水:270㏄
・にんにく(みじん):1かけ
・ベーコン細切り:40g
・カマンベールチーズ:50g
・バター:10g
・卵:1個
・黒コショウ:たっぷり

このレシピのポイントは耐熱容器を使うこと。パスタを半分に折って、交差して入れる。

そこへオリーブオイル、コンソメ、ベーコン、水を入れたら、カマンベールチーズをたっぷりと乗せ、レンジで11分加熱。これだけで、麺はちょうどいい茹で加減になる。

仕上げにバターを加えて混ぜ、とき卵を絡めればできあがり。使うのはレンジと調理器具だけ。

「半熟カマンベールカルボナーラ」。
程よい硬さの麺と濃厚なカマンベールの風味が絡み合い、絶妙。

レンジでチン、お鍋も汚さず、主婦には嬉しいメニューだ。

朝の貴重な時間を節約…お弁当のおかずを効率的な調理で素早く

レシピ本大賞で準大賞の「藤井弁当」は、料理研究家・藤井恵さんが、15年間、娘にお弁当を作り続けて考案したレシピが掲載されている。

使うのは卵焼き器だけ。これで、おかず3品「ポークチャップ」に「塩ゆでアスパラ」「卵焼き」を効率的に作れる。ポイントは調理をする順番。

<副菜の塩ゆでアスパラの材料(1人前)>
・アスパラガス:2本
・塩:小さじ1

<卵焼きの材料(1人前)>
・卵:1個
・水:大さじ1
・砂糖:大さじ1/2
・しょうゆ:小さじ1/3
・バター:5g

<主菜のポークチャップの材料(1人前)>
・豚ロース薄切り肉:4枚
・トマトケチャップ:大さじ2
・サラダ油:小さじ1/2
・しょうゆ:小さじ1

まずは副菜の「ゆでアスパラ」から。
卵焼き機に水を入れ、沸かしたお湯に塩を入れたら、切ったアスパラを1分茹でる。

茹で上がったらお湯を捨て、今度は「卵焼き」へ。
水と砂糖、醤油、バターでオムレツ風にする。

最後に主菜の「ポークチャップ」。
豚ロース肉にケチャップと醤油をつける。

そのあと、両面を1分ほど焼く。

あとはご飯が入ったお弁当箱に詰めたら完成。

アスパラガス、卵、肉の順で調理をすることで、いちいち卵焼き器を洗わなくて済む。少しのことだが手間を省け、朝の貴重な時間を節約することができる。

体力がもう残っていない…そんな時は少ない種類の材料と工程でお手軽レシピ

そしてもう一冊、ユニークなタイトルの「力尽きレシピ」。
「もう力が尽きて、ご飯を作りたくない」という日でも、手軽においしい料理を作れるレシピがある。

例えば、体力が残り20%の時には包丁を使わずに作る「麻婆豆腐」。残り5%の時は、お茶漬けのもとで作る「和風混ぜうどん」などが紹介されている。

最初のおすすめのレシピが、焼き鳥缶とレンジで作る「ズボラ親子丼」。

<材料(1人前)>
・焼き鳥缶:1缶
・卵:2個
・めんつゆ(2倍濃縮):大さじ1
・マヨネーズ:小さじ1
・温かいご飯:茶碗1杯

卵を2つ溶いて、焼き鳥缶をタレごと入れる。めんつゆとマヨネーズを入れ、ラップをしてレンジで2分半加熱。卵がふんわり「ズボラ親子丼」の完成。

焼き鳥の缶詰だけあって味がしっかり入っていて、卵とタレが絶妙にマッチする。

具材を入れてレンジで温めるだけ。洗い物をしたくない、今から火を使いたくない、そんなお疲れの主婦に最適のメニューだ。

最後にもう一つ。「残りの体力が5%、もう動けない」という方におすすめは「ツナとまいたけの炊き込みごはん」。

<材料(1人前)>
・米:2合
・ツナ缶:1缶
・まいたけ:1パック
・めんつゆ(2倍濃縮):大さじ4
・しょうゆ:大さじ1

お米を研いだら、めんつゆと醤油、水を加える。まいたけを手でちぎって入れ、軽く汁を切ったツナ缶をのせ、あとは炊くだけ。

とても簡単に、コクのある炊き込みご飯が完成。

お手軽に納得の味が作れるレシピ本大賞のメニュー。忙しい毎日に活用してみてはいかがだろうか。

(東海テレビ)