夫を殺害する動機はない。“紀州のドン・ファン”22歳の妻が沈黙を破る

カテゴリ:地域

  • 警察は愛犬の死因を調べ、野﨑さんの死との関連を捜査する方針
  • 22歳妻の母親は「娘が結婚していることは知らなかった」
  • 週刊誌の取材に応じた22歳妻は「絶対にやっていない」

5月24日に亡くなった“紀州のドン・ファン”こと野﨑幸助さんの和歌山県にある自宅の庭の一角が7日、ブルーシートに覆われた。

野﨑さんが20年近くわが子のように可愛がっていたものの、5月6日にもがき苦しんで死んだという愛犬・イブが埋葬されているのが自宅の庭。

警察は7日、イブの死骸を掘り起し、死因を調べたうえで、野﨑さんの死との関連を捜査していく方針だという。

野﨑さんの知人は自殺を否定…

一方で、野﨑さんの妻の母親がフジテレビの取材に応じ、「娘が結婚していることは知らなかったんです。年も離れていますし、お金とか…そういう結婚を親が賛成すると思いますか?」と話した。

野﨑さんの死亡推定時刻は、5月24日の午後9時ごろ。

その約4時間前に電話で話したという10年来の友人は、野﨑さんからイブのお別れ会を盛大にやりたいといった内容の話があったという。

6月11日に地元のホテルで開く予定だったイブのお別れ会の準備に、野﨑さんは力を注いでいたからこそ、10年来の友人は「『みんな来てください。盛大にやりますので』と言っているのに、その日の夜に死にます?」と自殺はあり得ないと否定した。

警察から疑われる妻は「絶対にやっていない」

さらに、夫の死が大きく報じられて以来、沈黙を守り続けてきた22歳の妻が、6月8日発売の週刊誌『FRIDAY』(6月22日号)で、現在の状況や心境を告白した。

『FRIDAY』によると、22歳の妻は事情聴取の際に「殺人容疑として捜査している」と警察から疑われ、「絶対にやっていない」と答えたという。

さらに、妻は「結婚してくれたら毎月100万円渡す」となどと言われた野﨑さんからのプロポーズについて明かし、“月100万円はお得”と思って結婚したため、自分に夫を殺害する動機はないと語っている。

そして、野﨑さんの“不審な死”についても触れ、妻は亡くなった当日に一緒にいた家政婦の犯行も否定し、野﨑さん自身の覚せい剤使用も否定した。
「自殺はない」としながらも、和歌山にある自宅はセキュリティが甘いことを指摘。「誰かが何かを仕込んだかもしれない」と話しながらも、真相はわからないと語っている。

(「めざましテレビ」6月8日放送分より)

「紀州のドン・ファン 不審死」関連記事をすべて見る!



紀州のドン・ファン 不審死の他の記事