先月以降、秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまのご活動が増えている。最近、長かった髪を少し切り、毛先を柔らかいカールにされ、緑化、障害者ダンス、児童書など様々な分野の行事に取り組まれている。きょうはそんな中でも、6月3日に出席された「産経児童出版文化賞」でのおことばに注目したい。

自分自身の感想を表現 ”佳子さまカラー”

この賞は、子供たちに優れた本を紹介するため、昭和29年に創設され、70年近い歴史を持つ。母の紀子さまが長年携わられ、お代替わりに伴い佳子さまが受け継がれた行事で、2019年に初めてご出席、翌年はコロナ禍で贈賞式は中止、去年はオンラインで出席しビデオメッセージを寄せられている。

「産経児童出版文化賞」贈賞式に出席された佳子さま(6月3日)
この記事の画像(38枚)
 

初出席の際も今回も会場で取材をし、去年のビデオメッセージも拝見して、おことばの内容に変化を感じた。読書や児童書への思いを、よりご自分の言葉でご自分らしく伝えようとされていた。

去年のビデオメッセージよりも1分近く長く、7分強にわたってお話になっていた今回のおことばでは、導入部分で「読書のおもしろさの一つは、読んだ人が自分自身の感想を持てることだと感じます」というこれまでには無いフレーズがあった。どんな“佳子さまカラー”が見えてくるのかと期待が高まった。

“ネタバレ”に配慮

「これから受賞作を読む方の楽しみが減らないように気をつけながら、各作品についてお話したいと思います」紀子さまの頃から毎回、受賞作品8作全てについてあらすじと感想を述べられている。その感想の導入に、このようなフレーズが付け加えられていた。

「産経児童出版文化賞」贈賞式に初めて出席された佳子さま(2019年6月)

このフレーズも、これまでには無かったもの。“ネタバレ”に配慮されていることをユーモアを交えて伝えられたのは、行事との関わりを重ねられる中で、余裕が生まれ、ご自分らしさを少しずつにじませられているのではないかと感じた。

姉との絆

受賞作品の中には、姉妹の絆がテーマの作品もあった。小学2年生の妹が2歳年上の姉との関係を綴った物語だ。「時にはけんかをしながらも、お互いのことが大好きで、信頼しあう、二人の強い絆が伝わってきました」

姉の小室眞子さんの結婚を巡っては、旅立つ姉を笑顔で抱きしめて送り出し、記者会見の会場の控室まで付き添われるなど、姉妹の強い絆と妹の支えは大きな話題になったことも記憶に新しい。自分の経験と重ね合わせたり、共感するというのもまた読書の醍醐味。眞子さんと過ごした年月を思い出しながら、この作品を読まれたのではないかと想像した。

秋篠宮邸を後にした眞子さんと佳子さま(去年10月)

一冊の本が生まれる背景に思いを寄せ

「様々な専門家の方々の想いと力が合わさって、一冊一冊の本が作り上げられますことを感じるとともに、素晴らしい受賞作が、本日表彰され広く紹介されますことを喜ばしく思います」佳子さまは、大学の卒業論文で人間の読解力について考察しているほか、ご両親が国内外への訪問で留守にされた際、弟の悠仁さまが幼かった頃には、絵本を読みきかせられた経験がおありだ。

2012年・悠仁さま6歳の誕生日
2012年・悠仁さま6歳の誕生日

成年皇族となり、初めて出席した2015年の歌会始では、その経験を「弟に本読み聞かせゐたる夜は 旅する母を思ひてねむる」と和歌に詠まれている。幼い頃には母に絵本を読んでもらい、成長と共に自分で本を読む楽しみを知り、弟が生まれてからは読み聞かせる立場も経験された。

そしてこの行事との関わりを通じて、作家、作画者、編集者など様々な立場の人の力が結集して1冊の本が出版されることを実感し、本が生まれる過程にも思いを致されたのだろう。

大賞を受賞した『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』は12巻で完結した『こそあどの森の物語』の番外編で、物語に登場した大人たちが自らの子ども時代について語るお話だ。贈賞式の後、受賞した作家などとの懇談の場で、佳子さまは作家の岡田淳さんに、こんな意外な言葉を贈られたそうだ。

シリーズ全作を“大人買い”

「読んでいくと登場人物の子どもの頃の様子が鮮明に分かってくるのが面白かったです。12巻が気になって全部注文しました」シリーズ12冊を“大人買い”されたというのだ。側近から、時間をかけて読み込んで丁寧に準備されると聞いていたが、面白くてどんどん読み進み、作品の世界にどっぷりと浸かられたことが分かる。

「本当に作品を読んでくださったことがとても伝わってきました」と岡田さんは作家冥利に尽きる様子で喜んでいた。まさに、最初に紹介した「読書の楽しみのひとつは、自分自身の感想を持てること」というフレーズにあったように、佳子さまはご自分ならではの思いを、式典でのおことばや懇談の場でご自分の言葉で伝えられていたのだ。

佳子さまが”大人買い”をされた『こそあどの森のおとなたちが子どもだったころ』

そして、佳子さまのおことばに導かれるように、記者も受賞作品を図書館でまとめて借り、小学5年生の娘に勧めてみた。最初は反応の薄かった娘も、『こそあどの森の物語』の世界に徐々に引き込まれ、「これ面白い」とシリーズを一気に読破していた。

「幼少期に始まり、生涯にわたって多様な本に接する経験は、大切な宝物になるのではないでしょうか」幼い頃に知った読書の喜びを、佳子さまは大人になった今も大切にされているのだろう。

活動も表現も幅を広げられ

社会がwithコロナへと進む中、皇室の方が行事にリアルに出席される機会も増え始め、佳子さまのご活動も回数や幅が広がってきている。今月、姉の眞子さんが務めていた日本工芸会の名誉総裁に就任された。

佳子さまにとって常設団体の名誉総裁への就任は初めてで、伝統工芸についての専門的な説明を受け始められている。来月7月にはコロナ禍以降初めての地方での公式行事として、北海道への訪問も決まっているほか、今週29日には乳がん学会の式典への出席が予定されている。

佳子さまにとって、医療に関する行事への出席は今回が初めて。上皇后美智子さまは2019年、初期の乳がんが見つかり切除手術を受けられている。祖母が経験された乳がんという病について、佳子さまが20代の女性の視点でどんなおことばを述べられるのか、注目したい。(眞子さま当時の画像を含みます)

佳子さまは、去年の「産経児童出版文化賞」贈賞式にはオンライン出席された。
去年の贈賞式にビデオメッセージを寄せられた佳子さま(2021年)

(フジテレビ社会部・宮内庁担当兼解説委員 宮﨑千歳)

記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。

記事 10 宮﨑千歳