Live
プライムニュース『被害者救済政府法案を 与野党&弁護士が検証 不当寄付の禁止と罰則』【ライブ】

処方箋なしで薬局で購入可能…緊急避妊薬からみるフランスの性…

ギャラリー
フランスでは薬局で緊急避妊薬を買うことができる
フランスでは薬局で緊急避妊薬を買うことができる
緊急避妊薬「ノルレボ錠」は高確率で妊娠を阻止できるが、服用が遅くなると効果が下がる
緊急避妊薬「ノルレボ錠」は高確率で妊娠を阻止できるが、服用が遅くなると効果が下がる
フランスで販売されている緊急避妊薬のひとつ「ノルレボ」
フランスで販売されている緊急避妊薬のひとつ「ノルレボ」
18歳女性「未成年の時に親に内緒で服用しました」
18歳女性「未成年の時に親に内緒で服用しました」
21歳女性「すぐに必要なものなので、すぐ提供されないといけない」
21歳女性「すぐに必要なものなので、すぐ提供されないといけない」
娘をもつ母親「娘の人生なので、干渉はしません」
娘をもつ母親「娘の人生なので、干渉はしません」
高校1年「生命と地球の科学」の教科書では避妊について扱っている ※lelivrescholaire.frより
高校1年「生命と地球の科学」の教科書では避妊について扱っている ※lelivrescholaire.frより
19歳女性「普段の避妊と緊急避妊薬は補完しあうもの」
19歳女性「普段の避妊と緊急避妊薬は補完しあうもの」
18歳女性「ピルやコンドームで身を守る」
18歳女性「ピルやコンドームで身を守る」
23歳男性「緊急避妊薬は避妊に失敗した時に頼ります」
23歳男性「緊急避妊薬は避妊に失敗した時に頼ります」
グラフの一番上の部分が「何も避妊をしない」人の割合 ※フランス保健当局の資料より
グラフの一番上の部分が「何も避妊をしない」人の割合 ※フランス保健当局の資料より
薬局で販売されている緊急避妊薬
薬局で販売されている緊急避妊薬
パリ近郊の薬局 緊急避妊薬を取り扱う
パリ近郊の薬局 緊急避妊薬を取り扱う
薬剤師「性暴力被害者を察知するのも、薬剤師の仕事です」
薬剤師「性暴力被害者を察知するのも、薬剤師の仕事です」
フランスの人工妊娠中絶の割合は高い
フランスの人工妊娠中絶の割合は高い
フランス保健相のツイッターより 「2022年から避妊の保険適用を25歳まで拡大」
フランス保健相のツイッターより 「2022年から避妊の保険適用を25歳まで拡大」
薬局で販売されている緊急避妊薬
薬局で販売されている緊急避妊薬
岡山県の一部の薬局ではオンライン診療を受けられる ※提供:おかやまアフターピルプロジェクト
岡山県の一部の薬局ではオンライン診療を受けられる ※提供:おかやまアフターピルプロジェクト
厚労省は2021年10月に薬局販売の検討会を開いた
厚労省は2021年10月に薬局販売の検討会を開いた
フランスでは薬局で緊急避妊薬を買うことができる
緊急避妊薬「ノルレボ錠」は高確率で妊娠を阻止できるが、服用が遅くなると効果が下がる
フランスで販売されている緊急避妊薬のひとつ「ノルレボ」
18歳女性「未成年の時に親に内緒で服用しました」
21歳女性「すぐに必要なものなので、すぐ提供されないといけない」
娘をもつ母親「娘の人生なので、干渉はしません」
高校1年「生命と地球の科学」の教科書では避妊について扱っている ※lelivrescholaire.frより
19歳女性「普段の避妊と緊急避妊薬は補完しあうもの」
18歳女性「ピルやコンドームで身を守る」
23歳男性「緊急避妊薬は避妊に失敗した時に頼ります」
グラフの一番上の部分が「何も避妊をしない」人の割合 ※フランス保健当局の資料より
薬局で販売されている緊急避妊薬
パリ近郊の薬局 緊急避妊薬を取り扱う
薬剤師「性暴力被害者を察知するのも、薬剤師の仕事です」
フランスの人工妊娠中絶の割合は高い
フランス保健相のツイッターより 「2022年から避妊の保険適用を25歳まで拡大」
薬局で販売されている緊急避妊薬
岡山県の一部の薬局ではオンライン診療を受けられる ※提供:おかやまアフターピルプロジェクト
厚労省は2021年10月に薬局販売の検討会を開いた
×