2011年の東日本大震災後、がれきの山から傷だらけのサケのモニュメントが見つかった。年々、漁獲量が急激に減少しているサケ。2021年も漁師たちのもとへ帰ってくることができるのか。

7万トンの漁獲量が10分の1以下に

東日本大震災の発生から4カ月後、岩手県宮古市田老でがれきの中から1匹の傷だらけになったサケのモニュメントが見つかった。

がれきの中から見つかった“傷だらけのサケ”のモニュメント
この記事の画像(15枚)

かつて、サケの遡上で本州一を記念して公園に飾られていたものだった。

津波に流されても漁師たちの元へと“帰ってくる”その姿は、勇気をもたらした。

地元の漁師(2011年):
よく見つかったな、たまげた(驚いた)。今年もサケは戻ってくると信じている

岩手県の魚にも制定されているサケは、本州一の水揚げを誇る。

サケは川で生まれたあと、5000kmほど離れた北の海で4年ほど過ごしたのち、においなどを頼りにふるさとの川へと戻ってくる。オスとメスがペアを作って産卵し、命をつなぐのだ。

宮古市の津軽石川は、かつて本州一遡上する川として知られ、網にサケを追い込む伝統的な漁は冬の風物詩となっている。

網にサケを追い込む漁は冬の風物詩 

岩手とサケにとってのこの30年は、大きく波が変化する激動の時間だった。

県水産技術センター・大友俊武 漁業資源部長:
(30年ほど前は)放流数の増大でサケがどんどん増えていき、平成8年には2400万尾のサケが帰っている

今から20年前の定置網漁では、網から湧き上がるようにサケがとれた。

平成の時代、放流数が増えるにしたがい漁獲量も好調で、1996年(平成8年)には7万トンと過去最多を記録した。しかしその後、事態は一変する。

2010年から漁獲量が急激に減少、その翌年には東日本大震災が発生してふ化場が被災。放流が十分にできなかったことも重なり、不漁は深刻さを増していく。2020年度は、震災前の10分の1以下の1700トンほどまで落ち込んだ。

原因のひとつとみられるのが、海水温の上昇。温暖化の影響とも言われているが、海に出たサケの稚魚がうまく育たず死んでしまうという。

県水産技術センターでは高水温に強いサケの遺伝子を研究しているほか、人工ふ化させた稚魚の体を強くするため、栄養豊富なえさを与えるなどの取り組みをしているが、厳しい状況は当面続くとみられている。

よく来たとエールを送りたい

そんなサケを愛してやまない人が宮古市にいる。中嶋哲さん(90)。

中嶋哲さん:
こんなの持っていたわけです。どうだったかはわからないけど、こんなに獲れたんだから、ただ見ているのも退屈でしょ

着ているのはサケの皮でできた靴、帽子そして服。両手にサケを持ってご満悦の様子。

サケが大好きだという中嶋哲さん(90) サケの皮でできた服や帽子を着用

見せてくれたのは、自身で撮影した40年ほど前の漁の写真。豊漁だった頃を楽しそうに話してくれた。

中嶋哲さん:
おじいさんが大漁をわざわざ見に来て、一休みしているところに出てきて

部屋いっぱいに並べた写真からは、浜のにぎわいが今にも聞こえてくるようだ。

中嶋哲さん:
かっこいいでしょ、この鼻の曲がったところがいいでしょ。南部鼻曲サケだからね

鼻が曲がった「南部鼻曲サケ」

サケのことで頭がいっぱいの中嶋さんは「宮古のサケ博士」と呼ばれている。

地元出身の中嶋さんは、1991年まで約40年間、宮古水産高校の教員を務めていた。「大好きな宮古のサケを全国に広めたい」と、1987年には捨てられてしまうサケの中骨に着目し、中骨缶詰の開発に国内で初めて成功した。

国内初 サケの中骨缶詰を開発

退職後も薫製づくりに没頭して製品化にこぎつけるなど、半世紀以上にわたり人生をささげてきた。しかし、このところ続く不漁を中嶋さんも心配している。年齢のせいか足腰も少し弱くなり、遡上する様子を見に行く機会も少なくなった。

中嶋さんが「大漁」をその目に見た津軽石川。今シーズン初めて見に訪れた。漁協の人はいるが、肝心の魚は見当たらない。それでも川止め漁をしている場所まで足を運んでみる。

中嶋哲さん:
あれがそうだ、サケが上ってきた。元気がいいな

2021年もサケは戻ってきていた。数は多くないが、中嶋さんの周りを泳ぎ回る。まぶたに浮かぶのは、浜が沸いたあの日の光景。

今年も津軽石川に帰ってきたサケ

中嶋哲さん:
ご苦労さま。エールを送りたい。よく来た、よく来たと。あと9年ほど生きれば100歳になるから、それまでにかつての大漁を見届けられれば幸せですね

沿岸の苦楽とともにあったサケ。厳しい環境の中でも、待つ人の思いに応えるかのように帰ってきたのだ。

(岩手めんこいテレビ)