3分でできないカップヌードル

この記事の画像(6枚)

新型コロナで外食を控え、家にいることが多い中で、需要が増えているのが「即席めん」。

今や国民食ともいえるカップヌードルなどを製造・販売している日清食品グループは、2020年4月から6月までの純利益が前の年に比べ2.1倍、120億円に増えた。

そんなコロナ禍の9月18日、とある異業種メーカーとコラボして「3分でできないカップヌードル」を発売した。

そのコラボ・カップヌードル、実際に作り始めて完成までにかかった時間は、1時間39分11秒。
2時間近くかかったカップヌードルの正体は…「プラモデル」。

日清食品がバンダイスピリッツとコラボして発売した、原寸大のカップヌードルのプラモデルだ。

ロゴのデザインからディテールまで、本物のカップヌードルそっくり。カップの中も、お肉やエビ、麺まで細かく再現されている。

なぜこのプラモデルをつくったのか聞いてみると…。

日清食品の担当者:
9月18日が49回目の発売記念日になりますので、バースデーの記念としてこの製品を発売しようと。こだわりだらけなんですけれども、3Dプリンターで麺の細部まで再現するだとか

バンダイスピリッツと研究を重ね、約1年かけて作った。ちなみにお値段は2420円。食べる方よりかなりお値段がかかるが、公式サイトでの通信販売は売り切れ間近とのこと。家電量販店のプラモデル売り場でも販売しているとのこと。

(東海テレビ)