自民党は9月1日の総務会で安倍首相の後継を決める総裁選挙について、「緊急事態にあたる」として党員投票を行わず両院議員総会の場で国会議員と都道府県連の代表による投票で選出することを決定した。

これにより今回の総裁選は都道府県連に3票ずつ、合計141票が割り当てられ、国会議員票394票との合計535票で争われることになった。

現状の票読みは…
この記事の画像(2枚)

選挙は来週火曜日の8日に告示、翌週14日に東京都内のホテルで投開票が行われる。16日には臨時国会を召集する方向で調整が行われていて、当日中に新総裁が新たな総理大臣に選出される見通しだ。