子供用マウスシールドが発売

新型コロナウイルスの感染予防として着用するマスク。
一方で熱中症などの危険があることなどから、日本小児科医会は2歳未満の子供のマスク着用の不要を呼びかけるなどしている。

しかし最近では、千葉県船橋市の保育園や沖縄県浦添市の小学校で子供の陽性者が確認され、“子供クラスター”が発生。子供への感染対策を心配する人は多いかもしれない。

(関連記事:「2歳未満にマスク不要」と日本小児科医会が呼びかけ…感染予防より“むしろ危険”な理由を聞いた

そのような中で、マスクのような呼吸を妨げることが少ない、「子供用マウスシールド」が登場した。

提供:株式会社DOUBLE-H
この記事の画像(8枚)

販売するのは、大人用マウスシールドなども手掛けている株式会社DOUBLE-Hだ。子供用マウスシールドは、8月14日から予約販売を開始しており、イラストがついている「アーティストタイプ」が1セット3枚入りで1815円(税込み)。

提供:株式会社DOUBLE-H 「MOUTH SCREEN KIDS (NAMI-SHIBUKI)」

そしてイラストのない、「クリアタイプ」が1セット3枚入りで1584円(税込み)となる。商品は同社のネットショップサイトから購入できる。

提供:株式会社DOUBLE-H 「MOUTH SCREEN KIDS (CLEAR)」

連日のように全国的に厳しい暑さが続く今年の夏。熱中症のリスクがあるマスクよりも、たしかに快適に過ごせそうだ。

イラスト付きは子供が喜びそうだが、このマウスシールドにはどんな特徴があるのか? そして、マスクと同じように小さな子供は使用しない方がいいのだろうか? 株式会社DOUBLE-H代表取締役の桑田健一さんに話を聞いた。

マウスシールドも2歳未満は使用不可

ーー子供用をつくったきっかけは?

大人用のマウスシールドを開発してから子供用も欲しいという意見が多数あったためです。


ーー小さな子供も使用できるの?

日本小児科学会のホームページにもありますが(マスクですが)、同様に2歳未満の子供にはご使用しないでください。

2歳未満の乳幼児は自らマウスシールドを付け外すのが困難なので、誤って口の中にクッションなどが入って呼吸困難になるのを防ぐためです。

提供:株式会社DOUBLE-H 「MOUTH SCREEN KIDS (ふじキュン)」

ーー他のマウスシールドとの違いは?

当社の大人用マウスシールドとの比較ですが、大きさの違いと、子供用はゴム紐で耳に固定するタイプだけ用意しております。

大人用は頭の後ろで紐で固定するタイプも用意しています。

提供:株式会社DOUBLE-H

なお販売サイトには、「子供が着用する場合は、いかなる年齢であっても、保護者や周りの大人が注意することが必要」と記載されているため、使用する際は保護者らがしっかりと見守っていてほしい。

あごが痛くならないようクッションを使用

ーー対象年齢は?

成長に個人差があるので難しいですが、4歳~10歳の子供までは試着してもらったことがあります。


ーーこだわった部分を教えて

あごに当たるクッションは痛くならないようにビート板にも使用されるポリエチレンを使用。製品は洗って使うことができるので経済的です。


ーー難しかった部分は?

シールドの大きさを決めるのに少し苦労しました。また、試作品を子供に試着してもらったのですが、良い悪いが正確な情報なのかわからず苦労しました。
 

提供:株式会社DOUBLE-H

ーー実際に子供が使ってみてどうだった?

お店などに入ると、子供がマスクをしていないと大人もですが周りの視線が気になったり、食事などに行くとマスクをしていないとお店に入れないところもあったりした経験があります。

小さい子供ほどマスクをする意味がわからないのと、苦しいのかマスクをしたがらない子が多いと思います。

大人用を開発してから子供用の試作品も作って(子供に)試着してもらったところ、気に入って付けていたこともあり、これだったら他の子もするのかもしれないと思いました。かわいいイラストやお気に入りのキャラクターなどがあればなおさらだと思います。
 

提供:株式会社DOUBLE-H 「MOUTH SCREEN KIDS (クマとホシ)」

桑田さんによると、マウスシールドの認知度がまだまだ低いというが、販売開始から徐々に注文が増えてきているとのことだ。
購入者からは、「イラストがかわいいので、(子供が)気に入ってつけてくれる」「透明なので安心感がある」といった感想が既に届いているという。

まだまだ厳しい暑さが続きそうな今年の夏。感染対策と熱中症予防を兼ねた「マウスシールド」は、たしかに子供にぴったりかもしれない。
 

【関連記事】
全国の学校でクラスター多発…感染予防で子どもが守るべき2つのポイントとは?
「体育の授業ではマスク必要ない」スポーツ庁が通知した理由と感染予防6つのポイント