速乾性やUV効果も 水着生地のマスク

夏に向け、冷感・速乾といったさまざまなマスクが登場している中、あるマスクを見つけた。

この記事の画像(14枚)

梅島三環子アナウンサー:
水着ショップで売られているのは、水着の生地を使った夏マスクです!

仙台パルコ4階にある水着ショップ「PEAK&PINE」。
水着素材の特性を知り尽くしているお店だからこそのマスク。多い時は、1日200枚ほど売れるという。

梅島三環子アナウンサー:
水着の生地を使ったマスクということですけれど、すごく軽くて、生地が伸びるんですよね

水着ショップ PEAK&PINE 仙台パルコ店・佐藤絢帆店長:
伸縮性もいいので、お顔にフィットする形になっています

梅島三環子アナウンサー:
つけてみます。結構伸びますね。すごくフィット感がいいですね

水着ショップ PEAK&PINE 仙台パルコ店・佐藤絢帆店長:
メガネをかけている方でも隙間ができにくいので、メガネが曇りにくかったり、いくらしゃべってもずれない

梅島三環子アナウンサー:
確かにずれないですね。あと熱がこもらない感じもしますね

水着ショップ PEAK&PINE 仙台パルコ店・佐藤絢帆店長:
熱や汗をかいてもすぐに発散してくれる

梅島三環子アナウンサー:
これが水着生地ならではなんですね

さらに、夜洗って、朝には乾く速乾性も水着生地ならでは。
UV効果もあり、デザインも豊富、オシャレで機能性も抜群の水着マスクは、この夏注目!

肌への負担は? 保湿ケアや日焼け対策も重要

そして、さまざまなマスクが出る中、気になるのは肌への影響。
皮膚科の専門医に、夏のマスクの注意点を聞いた。

あかねクリニック 本田元子院長(日本皮膚科学会認定専門医):
夏は特に汗をかくので、マスクの中で雑菌が繁殖して、ニキビなどが出やすくなる。蒸れた状態でマスクを外すと、皮膚が乾燥しやすい。普段のケアとしては、保湿をするということ。保湿ケアをすると、皮膚のバリアー機能というんですが、皮膚の状態がとてもいい状態になるので、保湿ケアをしっかりすること

あかねクリニック 本田元子院長(日本皮膚科学会認定専門医):
あとは、マスクがこすれたりすると、その傷から湿疹の原因が入ったり、ニキビのもとの雑菌が入ったりするので、小さ過ぎないなど、すれないようなサイズにしていただくのが大事かと思います

また、夏の肌への負担でもう1つ気になるのは、日焼け。

あかねクリニック 本田元子院長(日本皮膚科学会認定専門医):
マスク自体に日焼け止め効果が入っている物もありますが、やっぱりマスクをしていても、マスクの中も外も日焼け止めは、しっかり塗っていただいた方がいいと思います

肌トラブルが起こった際や、元々肌が弱い人は、肌に当たる部分を綿素材にするなど配慮して夏を乗り切ろう。

寝る前の簡単な一工夫で清涼感を

梅島三環子アナウンサー:
生地などの工夫もありますが、香りをつけるというのも、快適な夏マスクライフにつながります

仙台パルコ地下1階にある「生活の木」は、ハーブとアロマの専門店。

生活の木 仙台パルコ店・及川衣理店長:
「生活の木」では、アロマを使った工夫を皆さまにご提案しております。夜寝る前の簡単な一工夫で、涼しさを感じていただけます

生活の木が提案する、アロマで簡単「涼感マスク」。

今回は、アロマオイルとコットンを使っていくが、ご家庭で準備しやすいものを使用してほしい。
材料は、マスク:数枚(3枚程度)、密封できる袋や箱(汚れてよいもの)、アロマオイル:適量、コットンまたはアロマストーン:1個

マスクを袋に入れた状態から作り方を教わっていく。

涼感マスクの作り方 ①密封できる袋、または箱にマスクを入れる

梅島三環子アナウンサー:
今回3種類アロマがありますが、どんなものを選ばれたんですか?

生活の木 仙台パルコ店・及川衣理店長:
今回は、清涼感を運んできてくれるような香りを選びました

梅島三環子アナウンサー:
涼感ってところにつながるんですか?

生活の木 仙台パルコ店・及川衣理店長:
そうですね、ペパーミントは、香りを嗅ぐと体感温度が下がると言われていますので、特に今は人気の香りになっております。他の2つはかんきつ系の香りとなっております。まず初めての方は、かんきつ系かミント系を選んでいただくといいと思います

涼感マスクの作り方 ②コットンにアロマオイルを3滴垂らし袋に入れて一晩置く

生活の木 仙台パルコ店・及川衣理店長:
作り方はとても簡単なんですが、コットンに香りを3滴垂らして中に入れて、一晩置いて香りづけをしていきます。その際の注意点なのですが、お肌に精油がついてしまうと肌トラブルの原因になってしまうので、マスクに精油がつかないよう、空いているところにコットンを入れていきます。

実際に一晩、置いた“涼感マスク”を付けてみると…。

梅島三環子アナウンサー:
爽やかですね。全然違いますね、香りがつくだけで、確かに涼しくなった感じがします

生活の木 仙台パルコ店・及川衣理店長:
リフレッシュできるかと思います

香りの持続力は2~3時間。取り換えられるよう複数枚作っておくか、携帯用にも便利なスプレーを使って香りを足すと、1日中、快適に過ごすことができる。

さまざまな工夫で、快適な夏のマスクライフを過ごそう。

(仙台放送)