明治安田生命保険が発表した、2022年に生まれた赤ちゃんの名前ランキング。FIFAワールドカップ・カタール大会(W杯)で活躍中のあの選手たちの名前も、ランクインした。

ランキングでは、男の子は「蒼(あおい)」ちゃんと「凪(なぎ)」ちゃんがトップとなった。「凪」ちゃんは、前年の45位から一気に順位を上げ、初の1位

「蒼」は広く澄み渡る青空や青々とした大海を連想させ、「凪」は「風がやみ、波が穏やかになること」を意味する。
コロナ禍に加えウクライナ侵攻など、将来への不安を感じさせる年だからこそ、海や空を連想させ、不安を払拭するようにすがすがしく平和なイメージの名前が人気となった。

【男の子】不安を払拭させるかのようにすがすがしく平和なイメージの名前が人気に
【男の子】不安を払拭させるかのようにすがすがしく平和なイメージの名前が人気に
この記事の画像(3枚)

また、女の子は「陽葵(ひまり)」ちゃんが2年ぶり2回目の1位となった。

「向日葵(ひまわり)」にも使われ、「太陽の方向を向く植物」を意味する「葵」と、日の光を意味する「陽」の組み合わせは、withコロナに向け社会が明るい方向へ変化しつつあるように、どんなときでも明るく前に進んでいってほしい、という願いが現れているようだ。

【女の子】「陽葵」が2年ぶりに1位に返り咲いた
【女の子】「陽葵」が2年ぶりに1位に返り咲いた

一方、W杯で大活躍の選手の名前もランクイン。
スペイン戦で決勝ゴール決めた田中碧(たなか・あお)選手の「碧(あお)」は、前年の13位から順位を上げ4位に。また、ドイツ戦とスペイン戦で同点ゴールの大活躍となった堂安律(どうあん・りつ)選手の「律(りつ)」は、25位に入った。

今回のW杯は、11月から12月にかけての開催となったことから、2023年の子供の名付けにどんな影響を与えるかも注目される。

(フジテレビ経済部)

記事 983 経済部

「経済部」は、「日本や世界の経済」を、多角的にウォッチする部。「生活者の目線」を忘れずに、政府の経済政策や企業の活動、株価や為替の動きなどを継続的に定点観測し、時に深堀りすることで、日本社会の「今」を「経済の視点」から浮き彫りにしていく役割を担っている。
世界的な課題となっている温室効果ガス削減をはじめ、AIや自動運転などをめぐる最先端テクノロジーの取材も続け、技術革新のうねりをカバー。
生産・販売・消費の現場で、タイムリーな話題を掘り下げて取材し、映像化に知恵を絞り、わかりやすく伝えていくのが経済部の目標。

財務省や総務省、経産省などの省庁や日銀・東京証券取引所のほか、金融機関、自動車をはじめとした製造業、流通・情報通信・外食など幅広い経済分野を取材している。