サッカーのFIFAワールドカップ・カタール大会、初戦でドイツに歴史的な勝利を収めていた日本代表。27日のコスタリカ戦は、痛い1敗となった。

上位2チームが進出する決勝トーナメントへは黄信号ですが、まだまだ可能性は十分にあります。 日本代表は次のスペイン戦で勝てば、決勝トーナメント進出。負ければ、進出することができず敗退となる

この記事の画像(6枚)

引き分けの場合は、コスタリカ対ドイツ戦の結果次第だ。

コスタリカが勝てば、日本は敗退。引き分けなら、日本が決勝トーナメント進出。ドイツがコスタリカに勝てば、得失点差などで、日本かドイツのどちらかが決勝トーナメントに進出することになる。

勝てば、他の試合結果に関係なく決勝トーナメント進出が決まる、対スペイン戦。絶対に負けられない戦いのカギを、元日本代表の加地亮さんに聞いた。

加地さんは、「速さで勝負しカウンターを狙うこと」として、キーマンに前田大然選手、浅野拓磨選手、伊東純也選手といったスピードのある選手を挙げる。

そして後半の切り札となるのが、世界レベルのドリブラー・三笘薫選手。流れを変えられるのは彼だけとして、ワンチャンスをものにしなければいけないと話す。

加地さんの展望は、前半を0対0で折り返し、後半の勝負どころに三笘選手を起用。サイドを得意のドリブルで駆け上がり、中央にクロスが上がる。

そこに浅野選手や前田選手、伊東選手など他の選手が抜け出して、ゴールを決めてほしいということだ。加地さんは、1対0で日本が勝つことを期待している。

絶対に負けられない運命の日本対スペイン戦は、日本時間の12月2日午前4時に試合開始だ。

(関西テレビ「報道ランナー」2022年11月28日放送)