「イット!」で放送した、千葉・市川市の居眠り議会。市民の抗議を受けて打ち出した対策は、議会中の議員の表情をYouTubeで配信することだった。

この記事の画像(12枚)

2022年6月の千葉・市川市議会。議論のさなか目を閉じ、動かない議員や…。首をゆっくりと傾ける議員の姿。こうした実態が「イット!」で報じられると、市民からの抗議が殺到した。

議員の“顔”が見える生配信を開始

この問題を受け、議会が意外な居眠り防止対策を打ち出した。議会中の議員の顔が確認できる映像をYouTubeで配信するという奇策だ。

実は市川市議会は約5年前から、議会の中継映像をYouTubeなどで配信している。ただ、6月の配信映像を見ると、ほとんどは質問する議員などを映した映像。

すべての議員が映し出されるのは、採決で議場全体が映る場面などに限られていた。

ところが、9月に配信された議会の映像を見ると、大きな変化があった。発言する議員を撮影していた中継カメラを議員席にも向け、議会に臨む議員の顔を市民が見えるようになった。

居眠り、歴史小説に没頭、何度も遅刻…議員の実態

そのきっかけとなったのが、8月に「イット!」が放送した、市川市議会の議員たちの実態だった。目を閉じ、動かない議員のみならず…。

歴史小説を読みふける議員や何度も遅刻を重ねる議員まで。

放送後、市川市には「ちゃんと仕事しろ」「だらしなさすぎる」などと、抗議の電話やメールが次々と寄せられた。

こうした事態を受け、議会は9月“市民の信頼を取り戻す”と宣言。議会中の議員の表情を、配信映像で公開するという“逃げ道をふさぐ対策”を発表したのだ。

この議会の対応に市川市民からは歓迎の声が。

市川市民(50代):
これはいいですね。うん、すごくいいと思います。

市川市民(60代):
誰でも見ようと思えば見られるという状態がいいかと思います。もっとオープンにした方がいいと思うので。

一方、議会中の顔が配信されることについて、現職の議員は…。

さとうゆきの議員(当選1回):
議員の姿がお手元の端末で確認いただけるということは、とてもいいことだと思います。議員一同気を引き締めていこうという、雰囲気にはなっております。

まさかの配信でも“寝落ち”…議員からは不満や反発も

ところが、肝心の議会の配信映像に映った議員の様子を見てみると…。目を閉じ、首が深く傾いたままの議員や…。

さらには首がガクンと大きく落ちる議員など。なんとも雲行きが怪しい場面が中継されていた。

現職の議員からはこの配信に反発の声も出ている。

現職議員:
そもそも眠くなるような本会議がおかしい。関心を持たれないような質問や答弁をしている方が悪いと思う。

さらに「“居眠りするな”なんて子どもみたいで賛成できない」との不満を漏らす議員もいた。

市川市議会は市民の信頼を取り戻すことができるのか。試行錯誤は続きそうだ。

(「イット!」11月2日放送より)

記事 2492 イット!

知りたかったことが分かれば、きっと明日が楽しくなる。
知らなかったことが分かれば、きっと誰かに話したくなる。
「明日も頑張ろう」と思えるそのささやかな力になれればと今日もニュースをお届けします。
フジテレビ報道局が制作する夕方のニュース番組。毎週・月曜〜金曜日午後3時45分より放送中。榎並大二郎と宮司愛海が最新ニュースを丁寧にお伝えします。