馬肉の無人販売店が狙われた。愛知・刈谷市の店舗で、代金が箱ごと盗まれた。犯行の一部始終を防犯カメラが捉えていた。

またも狙われた「無人販売店」 商品ではなく料金箱を…

9月22日午後2時過ぎ、馬肉の無人販売店を訪れた体格のいい人物。
しかし、向かったのは商品のある冷凍庫ではなく、レジの前。

この記事の画像(5枚)

そして壁に取り付けられた箱に手を伸ばすと、箱をもぎ取った。すると、そのまま箱を抱えて店を後に…。入店からわずか25秒の犯行だった。

被害にあったのは、刈谷市にある「ONIKUSTAND刈谷店」。今回盗まれたのは馬肉の「代金箱」だ。

コンクリートの壁にネジと接着剤などで固定してあったという箱。別の角度の映像をみると、力尽くでもぎ取っているのがわかる。

ONIKUSTANDの社長:
(他店舗で)商品が盗まれたというのは過去に報道されたことあるんですけど、料金箱にいくのは初めてでした

全国に18店舗を展開する馬肉の無人販売店。これまでにも、名古屋や埼玉などで万引きの被害に遭っていたが、いずれも狙われたのは商品の馬肉だった。

箱ごと売り上げが盗まれるのは初めてで、店側によれば、防犯カメラの映像などから、これまでとは別の人物による犯行とみられるという。

ONIKUSTANDの社長:
連休前とかだと結構まとめて買う方が多いので、想定で2〜3万円くらい入っていたのかなと。ちゃんとお金も返してもらって、ちゃんと謝罪してもらえればなと。許していないので

店側は被害届を提出。警察が窃盗事件として捜査している。

(東海テレビ)