私がお伝えしたいのは「軽トラの荷台で手軽に移動販売」です。

ダイハツ工業は、軽トラックと荷台に商品を並べる陳列棚をセットでレンタルする新しいサービス「Nibako」を開始しました。
コロナ禍で店舗へ来る人が減り、「中食」需要が増える中、顧客との接点を増やしたい事業者は、車両改造の届け出が不要で、初期投資を抑えて1人でも簡単に移動販売を開始できます。

ポイントはこちら!「広がる車の新しい活用方法

車に、「移動する」以外の新たな付加価値を加える自動車メーカーの取り組みが徐々に増えています。
トヨタが今年8月に発表した、コンパクトミニバンの新型「シエンタ」。
荷室に座って家族と過ごしたり、愛犬を連れて行けるように荷室と後部座席をフラットにできるようなデザインになっていて、アウトドアでも楽しめます

SUZUKIも今年9月から、アウトドア用のタープや電源ユニットなどのオプションを充実させるなど、車中泊や小旅行ができる”秘密基地”というコンセプトを打ち出した「スペーシア ベース」の販売を始めています。

日本RV協会の調査によりますと、2021年のキャンピングカーの販売台数は前年比7%増の約8600台で、日本全体での保有台数は13万6000台となりました。
自動車の新車販売台数(軽自動車含む)は2021年度、前年度比9%減の421万5826台と減少している一方で、キャンピングカーの人気は高まっていて、自動車に新たな価値を求めている人が増えています。

一方、ダイハツが今回発表した「Nibako」は、商品を並べる棚やチラシを貼ることのできる仕切り板などを備えた軽トラックを、東京・千葉・埼玉・京都の4都府県にあるダイハツの販売店で借りることができるサービスです。
ウェブサイト「Nibakoサイト」も開設し、出店情報を無料で掲載することができるなど、新しく移動販売を始める人を全面的に支援することで新たな価値を生み出そうとしています。