2022年、誕生から120年の節目を迎えた、大分県の県立図書館(大分市王子西町)。現在の蔵書は123万冊、年間30万人が来館する。
この巨大な知の空間に収蔵される本は、どのように選ばれているのだろうか?普段なかなか見ることができない裏側に、特別にTOSのカメラが入らせてもらった。 

大分県立図書館
大分県立図書館
この記事の画像(5枚)

1週間に400冊を16人で決定 知識とバランス感覚が求められる司書

この日、図書館で始まったのは「本の選定会議」。

本の選定会議
本の選定会議

本は1週間には400冊入ってくるが、16人の司書が手分けをして、これを購入するかどうかを決める。この会議では、1人で決められなかった「迷った」本を購入するか、返品するかが協議されていた。

県立図書館・主幹司書 阿部詠子さん:
県立図書館では年間に約1万6000冊の本を購入してるが、その購入する本をこの会議の中で司書が選定している

購入を迷った本はどうする?全員で話し合う
購入を迷った本はどうする?全員で話し合う

司書(本の選定会議):
「貧困理論入門」。私の気持ち的には買ってもいいかなと傾いています。出版社が堀之内出版、46冊ぐらいの小さな出版社。貧困そのものの状況を書いている本は多いが、貧困そのものとは何か?という形の定義に迫る本は少ないかな。
小さな出版社の本ではありますが、いいものは拾っていけたらと思いますので、よろしいでしょうか?

内容の正しさはもちろんだが、その内容がピンポイントすぎていないか、など、本が主張する全てを理解して判断する。幅広い知識とバランス感覚が司書には求められるのだ。

県立図書館・司書 段上朋華さん:
自分の専門ではない、自分がよく知らない分野についても、読んで、見て、選んでいかないといけない。自分の知識が足りないなってなると、選ぶのが格段に難しくなってしまう。私にとっては、週の中で一番大事な場だと思っています

「閉架書庫」では貴重な地域資料も保存

次にカメラが潜入したのは、「閉架書庫」。一般利用者は入れないエリアだ。

一般の利用者は入ることができない「閉架書庫」
一般の利用者は入ることができない「閉架書庫」

県立図書館・主幹司書 阿部詠子さん:
主に20年以上経過した古い本だとか古い雑誌、そういったものを保管してます。郷土の雑誌などですと永年保存ということで、基本的には捨てないで保管しています

大分県の出版物は貴重な地域資料。これを残していくことは県立図書館の大切な役割なのだ。
例えば「豊州雑筆」という雑誌は…

県立図書館・主幹司書 阿部詠子さん:
昭和30年代に発行の雑誌ですね。大分県の地方出版のもの。政治家の方だとか文化人、経済界の方とかが色々と原稿を寄せられているようですね

一般の利用者はここに入ることはできないが、職員に依頼すると持ってきてくれ、閲覧することができる。

普段はなかなか見ることができない図書館の裏側。県立図書館に限らず近くの図書館を利用して、素敵なブックライフを送ってみては。

(テレビ大分)