私がお伝えしたいのは「内閣改造の裏で参院選総括」です。

第二次岸田改造内閣が発足する中、立憲民主党はきのう、参院選の敗因をまとめました。

執行部に「大きな責任がある」とした上で、泉代表の目指す「提案型野党」は、「『批判か提案か』の二者択一となり、『何をやりたい政党か分からない』という印象を与えた」と厳しく指摘。

ポイントはこちら「岸田改造内閣とどう向き合う野党第一党のこれからは」注目です。
(政治部・大家璃子記者)