G7サミットを2023年に控える、広島。高校生たちが海外の人たち向けの地図作りを通して学びを得る授業を取材した。

地図作りのために…“足で情報を稼ぐ”フィールドワークで店を取材

この記事の画像(19枚)

広島市中心部・大手町。ここに集まってきたのは、クラーク記念国際高等学校の2年生たちと、広島大学大学院の匹田篤(ひきた・あつし)准教授だ。
高校生たちが向かったのは、通り沿いにある1軒のお店。

広島大学大学院・匹田 篤 准教授:
この界隈で一番注目しているものの1つが、ビーガンの専門店。ビーガンに対応している飲食店ということなのでそこをまずね

店に到着した一行は、早速、飲食店の人に質問を開始。

生徒:
いつからビーガンとベジタリアンのメニューを出していますか?
飲食店の人:
オープン当時、最初から出しています

匹田准教授と高校生たちが聞き取りをしながら行っているのは、地図作りだ。G7広島サミットが2023年に開催されるのを前に、海外からやってくる人たちのための地図がいま、必要とされている。

テレビ新広島のニュース番組「TSSライク!」のコメンテーターでもある匹田准教授に、話を聞いた。

矢野記者:
匹田先生、何故、地図を作ろうと思ったんですか?

コメンテーター:広島大学大学院・匹田 篤准 教授:
外国人の観光客を案内すると、質問やリクエストが多い。しかし、私たちは自分たちの町について知っていることが実は少ないと感じた。ですから、英語で表現するということだけでなく、地図の中身について授業で議論しました

得た情報を地図に反映…情報量の多さとわかりやすさの両立を目指す

学校での授業をのぞいてみると、生徒たちは、フィールドワークで多くの発見をしたようだった。

生徒:
これはバリアフリーへの対応が、あるかどうかを見ている
Q.フィールドワークで調べた?
調べていました
Q.ありましたか?
ありました。意外とよく見たらあったりとか

足で稼いだ情報を地図に盛り込んでいく。地図には表面と裏面があり、表は位置情報、裏は店舗情報となっている。

店舗情報担当の生徒:
地図の裏面は、この店にはどういう対応があるとか、お勧めのメニューとか、あとはちょっと休憩できる木陰がある所とかの情報を載せる
Q.データみたいなもの?
そうです。そうです
Q.悩みながらやってる?
悩んでます。すごい試行錯誤しながら何回も書き直して

裏面に“データ”を載せる一方で、表面は、街並みを分かりやすく見せるのが重要だ。

場所・位置情報担当の生徒:
店のある階数と店名が見えればいいかなと。まず、地図として機能できればそれでいいかな
Q.詳しくは裏面で?
そうです

店名だけだと何のお店かわからない、との指摘が
店名だけだと何のお店かわからない、との指摘が

匹田 准教授:
例えばこの「参九亭」は何のお店か分からないから、それが分かった方がいいかもね。文字で寿司って書いてあるだけでもだいぶ情報量が増えるよね

生徒:
自分が外国に行った時を考えてみると、初めてみるものなので、分かりやすいものがあった方が地図が見やすいじゃないですか。ここだったらエディオンの本店が大きいかなと思ったので

矢野記者:
みんな、随分悩んでましたね?
匹田 准教授:
30分かけて、角から角まで100メートルほどの道を歩こうをコンセプトにしていたが、結構色々なことが見つかった。情報が多すぎるので、赤は飲食店、黄色はほかの店舗と、店の種類を色分けするなど、情報を減らすことに工夫をこらしていた

矢野記者:
使う立場から作る立場になる。外国人に見せるとなると、いろいろな取捨選択がありますよね
匹田准教授:
相手の目線で自分の町を紹介することは、彼らにはよい経験になった

足で情報を稼ぎ、この授業を通じて、生徒の様子に変化が出てきた。

外国人の目線で得た新しい“気づき”…自分の街を好きになる

生徒A:
いつも通っている道をいかにわかりやすく並べられるかとか、作れるかというので、いつもと違う視点で見られたのかなと思います

Q.街の見方が変わった?
生徒B:
見る所は変わって来るなと思いました。今まで全然気づかなかった所が、見たことで、目に自然と入ってくるようになったと思う
Q.自分の生まれた街なんだなあという気持ちに?
なります

矢野記者:
高校生に新たな変化は?
匹田 准教授:
地図作りを通して、高校生に自分たちの街を好きになってもらいたい。高校生は5年後、10年後に広島を支える人材になっていくわけだから、自分たちの街をどんどん語ってほしい。住民が街を語るような街は、外から見ると非常に興味がわく

外国の人のために、地図を作りながら街を再認識し、好きになっていく授業。このようなフィールドワークで新しい気づきを得ることは、高校生らにとっても新鮮だったようだ。

(テレビ新広島)