美しい音色を奏でる天才ピアニスト・辻井伸行さん。2020年にYouTubeで配信した演奏は、530万回以上再生された。コロナや戦争が渦巻く世界で、人々の沈んだ心に音楽を届けたい。辻井さんは、平和への願いを込めて演奏を続けている。

目標があると燃える…楽譜を説明してもらい曲を覚える

この記事の画像(15枚)

生まれつき目が見えないピアニスト、辻井伸行さん(33)。2022年5月、名古屋など国内4都市をめぐるツアーを開催し、ショパンの2つのピアノ協奏曲などを演奏した。

辻井伸行さん:
ショパンは特に歌を大事にしていたので、“ピアノで歌う”曲が多い

エネルギッシュでありながら、透き通るような美しい音を奏でる辻井さんのピアノ。辻井さんは、どのように新しい曲を、自分のものにしているのか。

辻井伸行さん:
僕の場合は楽譜が読めない。全部録音してもらったテープで聞いたり、楽譜に書いてあることも全部説明してもらったり。目標があると燃えるタイプだし、いつも良いことしか考えてないので、たぶん嫌にならない

褒めてくれる母 厳しい父には反抗期も「両方に褒められてもどうだったか」

4歳で本格的にピアノを始めた辻井さんは、10歳でオーケストラと初共演。

20歳のときに国際的コンクール「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」で優勝。その頃、常に近くで支えてくれたのが家族だった。

辻井伸行さん:
小さい頃から「ピアノやりたい」ってことに(母は)すごく喜んで、一生懸命サポートしてくれました。小さい頃から美術館で絵の説明をしてくれたり、花火を見せてくれたり、普通の人と同じようなことをいっぱいやらせてくれて、すごく良い母でよかったなと

母のいつ子さんへの、深い感謝の思い。20歳で自立した辻井さんは、今はマネージャーと各地を飛び回る日々を過ごしている。

辻井伸行さん:
(母は)僕の才能に気付いてくれていたと思いますし、良いことしか言わない。小さい頃からいつも褒めて育ててくれたので、本当によかった

怒られたりはしたのだろうか?

辻井伸行さん:
ないです。逆に父の方が厳しくて、「もっとピアノ以外の勉強も」ってすごく言われて。中学生の時には「うるさいな」と思って…。母親には反抗期はなかったんですが、父親に対しては反抗期あって

母のいつ子さんとは対照的に厳格だった父の孝さんだが、20歳での国際コンクールの優勝を機に、ピアニストとして認めてくれたという。

辻井伸行さん:
両方厳しくされても嫌だし、両方に褒められてもどうだったのかな

音楽は“世界共通”…コロナ収束願い演奏 530万回以上再生

世界中で猛威を振るった新型コロナウイルスの影響で、街からは人が消え、コンサートも中止になった。

辻井伸行さん:
生の音楽が届けられないことが、本当につらかった。でも、音楽を届けたい思いでYouTubeチャンネルを立ちあげて…

コロナ収束を願い、2020年4月に名曲「春よ、来い」を配信。530万回以上再生され、人々の沈んだ心に、あたたかい「春の風」をもたらした。

辻井伸行さん:
僕は、言葉で表現するより音で表現する方が得意なので、言葉にするより音にする方がより伝わりやすい。音楽って世界共通のものですし、音楽家の一人として、少しでも音で思いを伝えたい

ロシアによるウクライナへの侵攻など、世界には不安が渦巻いている。

辻井伸行さん:
音楽でみんなが救われる部分もたくさんある。戦争とかコロナとかありますけど、音楽で世界が平和になって普通の日常が戻ってきて、みんなが笑顔になってほしい

作曲もする辻井さん。「沖縄の風」は、大好きな沖縄の美しさ、平和がいつまでも続くようにとの思いを込めて作曲した。

辻井伸行さん:
音楽は一生勉強だと思いますし、弾ける限り弾きたい。これからもいろんな曲に挑戦して、弾ける限りもっといい演奏を追求し続けていきたい

伝えたい思いは、音にのせて…。心優しい音楽家の人生は、これからもピアノとともに続いていく。

(東海テレビ)