居場所を求める若者たちが集まる名古屋市中区の栄広場・通称「ドン横」が、6月27日に閉鎖された。こうした場所は「サードプレイス」と呼ばれていて、社会福祉の専門家は「自己肯定感を得られる場」になっていると指摘する。

社会への「免疫」の弱い若者たち…犯罪から守る支援必要

目の前に「ドン・キホーテ」があることから、通称「ドン横」と呼ばれていた名古屋市中区の栄広場が、6月27日にビル建設のため閉鎖された。

この記事の画像(8枚)

ここでは、家出するなどした若者が居場所を求めて集まっていた。

市販薬を大量に持っていた男性(20)は…

フリーターの男性(20):
僕は色々あるので、家庭環境とか。死にたくなるのを止める薬みたいな

21歳の女性は、体中に「リストカット」の痕が…。

ホストクラブ通いをしていた女性(21):
ホストにカケ(借金)作らされて、それで働かんといけんやん。風俗とかそっち系に落ちていって。精神疾患だったりとか家で問題があったりとか、虐待とか。みんな集まって話し合って仲良くなる。居場所は必要やと思う。だから、栄の広場がなくなったのはめっちゃ悲しい

社会福祉が専門の明治大学・岡部卓教授は、「学校にも家庭にも居場所のない子供や若者たちが、第三の場所・サードプレイスに集まる。 繁華街の一角がその場所となっている」と話す。

アメリカの社会学者が述べた言葉で、「家庭」がファーストプレイス、「学校や職場」などがセカンドプレイス、家庭や学校・職場以外の社会的な居場所をサードプレイスと呼び、家庭や学校・職場などでもなかなか得られないつながりを求める場所だという。

例えば、サラリーマンが居酒屋で談笑したり、推しのタレントをみんなで語り合ったりなど、自分の存在を肯定してくれる「自己肯定感」を得る場だという。

岡部教授は、「ドン横が若者にとってのサードプレイスになっているが、彼らは社会に対しての免疫が弱い。優しい言葉などを簡単に信じてしまい、犯罪に巻き込まれることにつながる。日本では、こうした若者の相談や支援をする人が極端に少ない」と話している。

(東海テレビ)

記事 2082 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。