欲しがっていたクマのぬいぐるみを子猫にあげた動画がTwitterに投稿され、癒やされると話題になっている。

この記事の画像(27枚)

「【元保護猫】子猫にずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…動画投稿しましたー。くまさんプレゼント」とのコメントとともに投稿されたのは、子猫がくまのぬいぐるみを抱えている画像。

リンク先のYouTubeを見ると、生後5カ月の「もちぞう」くん(オス・現在は8カ月 )が映っている。もちぞうくんが以前から興味を持っていたというクマのぬいぐるみを、飼い主で投稿者の「もちぞう ですが。」(@mochizo_desuga)さんが渡すと、気に入ったのかギュッと抱きついたり、匂いを嗅いだりなめたり…そして持ち上げたりして遊び始めたのだ。

だがしばらく遊んでいると、飽きてしまったのか興味を示さなくなってしまった。

代わりにボールで遊び始めたもちぞうくんだったが、今度は疲れたのか途中で寝てしまう。そこで飼い主がクマのぬいぐるみをそっと横に置き、もちぞうくんと添い寝をさせることに成功。一緒にぐっすり“寝ている”ところで動画は終了した。

この可愛いもちぞうくんの動画にYouTubeでは「可愛いなぁもちぞうくん、素敵なお友達ができてよかったね」「気になってたくまさんと添い寝。可愛い寝顔が癒されました~」などのコメントがあり、再生回数は87万回を超えるほど注目されている。(6月28日時点)

自分の体と同じくらいのぬいぐるみに興味

クマのぬいぐるみに興味を示していたもちぞうくんだが、今も気に入って遊んでいるのだろうか?  保護されてから今に至るまでの変化とあわせて、飼い主の「もちぞう ですが。」さんにお話を伺った。


ーーなぜぬいぐるみを渡してみたの?

いつも私の部屋にあるぬいぐるみを遊びたそうに、触っていたり見ていたからです。


ーーどんなところが好きだと思う?

体が小さいときのもちぞうは、小さなぬいぐるみとよく遊んでいました。自分の体と同じくらいの大きさであるぬいぐるみに興味をもったと思います。


ーー今このぬいぐるみはどうしている?

現在、もちぞうのおもちゃとして使用していますが、日に日に体も成長し、大きなぬいぐるみがほしくなったようであまり興味を示さなくなってきました。また、多くのおもちゃを与えているので、いろいろなものに興味がわいていると思います。

最初は自分で食事をすることができなかった

ーーもちぞうくんを迎え入れた経緯を教えて

自宅の近所で鳴いているところを発見しました。周りに親猫もおらず、近所で飼われていた形跡もないため、保護しました。保護して時間が経つにつれて愛情が湧き、私たちが過去に猫と暮らしていたということもあり、我が家へ迎え入れることとなりました。


ーー当初はどんな状態だった?

非常に好奇心旺盛で、家の中を不思議そうに散歩、探索していました。保護してすぐに獣医さんに診ていただき、生後1カ月ほどで痩せ細ったりもしていないとのことでした。しかし、ミルクやごはんはなかなか自分では食べることができず、様々な工夫をし、食べることを覚えていきました。性格は、甘えん坊だと思います。

ーー保護した頃と比べて変化はあった?

現在は食事をこだわっていたこともあり、毛並がとてもきれいです。相変わらず好奇心旺盛なので、飽きるのも早いですが、新しいおもちゃには興味津々です。甘えん坊な性格も少し残っているのか、私たちに信頼をよせてくれているような一面もあります。無防備に休んだり、食事のときは一芸を披露してくれたりします。


ーー反響についてどう思う?

多くの反響は嬉しく思います。これだけ反響があると思っていなかったので驚いています。私自身、たくさんの猫の画像や動画に癒されて元気をもらっています。もちぞうのこの動画で多くの人に元気や幸せを届けられたらと思っています。

飼い主さんの自宅近くで鳴いているところを保護されたというもちぞうくん。なおクマのぬいぐるみの現在だが、遊んではいるものの以前ほどの興味を示さなくなっていた。とても好奇心旺盛とのことで、他のおもちゃに興味がわいているようだ。

また「もちぞう ですが。」さんは、自身のYouTubeチャンネルでもちぞうくんとの日常を投稿している。

記事 4296 プライムオンライン編集部

FNNプライムオンラインのオリジナル取材班が、ネットで話題になっている事象や気になる社会問題を独自の視点をまじえて取材しています。