秋篠宮家の次女・佳子さまは、都内で行われた児童書の贈賞式に出席されました。

この記事の画像(4枚)

「産経児童出版文化賞」は、次の世代を担う子供たちに優れた本を紹介するため、創設されたものです。佳子さまは、3年ぶりに対面形式で行われた贈賞式に出席されました。

佳子さま:
「本を読むことで、様々な想像をしたり、新しいことを知ったり、考えを深めたりすることが出来ます。幼少期に始まり、生涯にわたって多様な本に接する経験は、大切な宝物になるのではないでしょうか」

大学の卒業論文で人間の読解力について考察した経験がある佳子さまは、「これから受賞作を読む方の楽しみが減らないように気をつけながら各作品についてお話ししたいと思います」と前置きして入賞した8冊すべてについて感想を述べ、作者らを拍手で祝福されました。

記事 930 社会部

今、起きている事件、事故から社会問題まで、幅広い分野に渡って、正確かつ分かりやすく、時に深く掘り下げ、読者に伝えることをモットーとしております。
事件、事故、裁判から、医療、年金、運輸・交通・国土、教育、科学、宇宙、災害・防災など、幅広い分野をフォロー。天皇陛下など皇室の動向、都政から首都圏自治体の行政も担当。社会問題、調査報道については、分野の垣根を越えて取材に取り組んでいます。