耳の不自由な父親や友人が社会から評価されず、苦しむ姿を見てきたNPO法人Silent Voiceの代表理事・尾中友哉さん。

「僕の両親が耳が聞こえなかった。父親はどれだけ頑張ったって、昇給・昇格もなかったりする。僕の同級生の難聴の友だちも、障害が理由で能力を期待されないとか低く見られてしまう」(尾中さん)

この記事の画像(5枚)

子どもの頃から手話で両親の通訳をしてきた自分の得意な“手話”を生かすため、2017年に聴覚に障害のある子どもたちの総合学習塾「デフアカデミー」を始めた。

塾は“勉強”するだけではない場所

聴覚に障害のある子どもたちの総合学習塾「デフアカデミー」

生徒は全国に150人おり、授業は手話で行う。パソコンは聴覚のハンディを補い、自分を表現できる重要なツール。

しかし、アルファベットを音で覚えることができないため、子どもたちはローマ字表をひらすら目で見て記憶していく。

“見る力”を鍛える子どもたち

“見る力”を鍛えるプログラムでは、小さい数字から順番に印を付けていったり、足りない線を見つけて図形を完成させていくものなどを何度も繰り返す。

そうすることで、スピードもアップすれば、子どもたちの自信につながっていくのだ。

小学4年生の児童は「勉強したり遊んだり、一緒に楽しく過ごせる」と塾で学ぶことを楽しんでいた。

輝く未来に向かって歩き出すために、尾中さんは「(子どもたちは)社会に出て行くと思うんですけど、そのときに振り返って、理不尽な思いが極力少なくなっていて、自信を持ってワクワクして社会に向かっていけるような、そういう場をずっとつくっていきたい」と語った。

株式会社Silent Voice/NPO法人Silent Voice
https://silentvoice.co.jp/

「フューチャーランナーズ~17の未来~」
フジテレビ 毎週水曜日22:54~23:00放送中(関東ローカル)
BSフジ 毎週土曜日 21:55~22:00放送中
■動画はこちらから
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive_186.html
■過去の動画一覧はこちら
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html

SDGs

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで、全会一致で採択された「持続可能な開発目標」。
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/sdgs.html

記事 186 フューチャーランナーズ~17の未来~

『フューチャーランナーズ』は、SDGsをテーマにした世界初のレギュラー番組で、2018年7月から制作・放送しています。
テレビの強みである「発信力」と「クリエイティブ能力」を活かして、課題解決に向けて熱心に取り組む人たちを毎週紹介。SDGsを身近に感じてもらうとともに、多様な活動が認知され、パートナーシップを生むきっかけになればと考えています。
より良い社会をめざす“ランナー”たちの熱い思いをぜひ感じてください。
フジテレビが制作する世界初「SDGs」がテーマのレギュラー番組。毎週・水曜日よる10時54分より放送中。