地元企業トップの食事 木造住宅メーカー社長は自宅に帰ってランチ【石川発】
FNNピックアップ

地元企業トップの食事 木造住宅メーカー社長は自宅に帰ってランチ【石川発】

様々な分野のトップの食事に密着し、食を通して人柄や考え方に迫るシリーズ。今回は、金沢市の老舗住宅メーカー、ニューハウス工業の村上哲也(むらかみ・てつや)社長のランチをのぞいてみた。

北陸で56年 ニューハウス工業とは

木にこだわり、安全安心の家づくりを進めるニューハウス工業。1966年に石川県で創業したニューハウス工業は、地域密着型の企業。施工実績は1万5000棟を超えて北陸トップクラスだ。

金沢市にあるニューハウス工業の本社ビル
この記事の画像(14枚)

村上社長は、時間を見つけては自社のモデルハウスを訪れる。

村上社長:
こちらはシンプルなデザインで、軒裏に天然の板を使っているんです。木が一番、人間の暮らしにあう素材かなと思います。

モデルハウスのこだわりを話す村上社長

村上社長は7年前、創業者の父から会社を引き継いだ。「家」についてこう語る。

金沢市内のニューハウス工業のモデルハウス

村上社長:
家っていうのは、ある意味「箱」。家族の成長に合わせた家が必要になってくる。家はあくまで「脇役」だと思います

「暮らす人がいてこそ、家は完成する。その暮らしに寄り添う企業でありたい」それが創業から56年受け継がれる思いだ。

暮らす人の使い勝手を考えた設計

社長に同行すると、本音も…

2021年に創業者の父が亡くなり、名実ともに会社を引っ張る立場になった村上社長。移動中の車の中でカメラを向けると、良き相談相手でもあった父がいなくなった今の思いを語ってくれた。

村上社長:
何がいいのかって答えがない。決断した責任は必ず自分に返ってくる。だから、その決断を後悔してはダメだなと、前向きじゃないと…

覚悟を持って仕事に当たっていると語る社長

村上社長はスケジュールが許せば、ほぼ毎日決まった場所で昼食をとる。本社から車で約15分。到着したのは、大きな窓が印象的な2階建ての建物だ。

昼食は決まってココ!大きな窓が特徴の建物だ

実はここ、社長の自宅だ。村上社長は、昼食は妻・珠美さんの手料理を食べるのを日課としている。45畳の広々としたリビングダイニングは社長の自慢でもある。

ニューハウス工業の技術の粋が詰まった自宅

木にこだわる企業の社長宅とあって、床はチークの無垢材を使用。

建物は木造だが、大規模建築並みの強度を誇る構法

もちろん自社のニューハウス工業で建てたもの。木造だが、大規模建築と同等の強度を誇る構法で建てられ、柱が少なくても耐震性と耐久性に優れたニューハウス工業の技術の粋が詰まっている。

村上社長:
住んでみて改めて、開放感があり、非常に高性能だと感じました

先代の父の頃から「自宅で昼食」が当たり前

村上社長にとって、昼食は大切な時間だ。

村上社長:
お昼は、午前と午後でリセットできる時間。ちょっと一服できる時間かなと思います

この日は鮭の西京焼きをメインにした和食。新型コロナの感染拡大前、会食は多い時で週に4日、1日で2カ所のダブルヘッダーもあったという。夜はどうしても外食が多くなる社長にとって、家庭料理は一番のごちそうだ。

社長にとって妻の手料理が一番のごちそう

実は、先代も同じ理由で自宅で昼食を食べていたそう。村上家では「ランチは自宅」が当たり前なのだ。

先代の父の頃から「ランチは自宅」が当たり前

村上社長:
こうして家で食事をしないと、栄養のバランスが保てないですね。毎日昼帰ってくるって、家内には苦痛かと、ははは

妻の珠美さん:
結婚してからずっとなんで、慣れました

村上社長は家に仕事を持ち込まないタイプ。夫婦の会話は、もっぱら3人の子供たちのことで、昼食時はパパの顔に…

社長にとって唯一ホッとできる時間

社長にとって…自宅とは?

家のリビングダイニングで過ごすのが、一番の癒しだと話す村上社長。社長にとって、自宅とは…

村上社長:
自宅は「家族が一緒にいられる空間」。いずれ、子供も巣立っていくでしょうけど…ははは。だからこそ、この時間を大切にしないといけないなと思います

社長自身が、家づくりの中心は家族であり、人の暮らしだと実感しているのだ。実は、会社のロゴとなっているコアラの親子も家族の絆を表している。

ロゴにもニューハウス工業の家づくりへの思い

“家は一生に一度の買い物ではない”に込めた思い

2022年2月に発表した新商品のコンセプトで、村上社長は”家は一生に一度の買い物ではない”と掲げた。その言葉の意味は、施主との関係は“建ててお終い”ではなく、“生涯に渡って寄り添い続ける”ものだという思いからだった。

村上社長:
たぶん創業以来、56年間ずっとやってきたこと。これが当たり前のこと。家は基本的なことさえ、しっかりしていれば50年でも、あるいは100年でも長く使い続けられます。家って、すごく大事なもの。時期がきて、リフォームするなどしたときに、お客様と信頼できる関係であり続けたい

信頼できる企業であり続けたいと語る社長

自宅で約1時間。村上社長は、昼食の後、再びオフィスへと向かっていった。

(石川テレビ)

記事 204 石川テレビ

石川の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

石川県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
「6月にロシアがなくなる?」木村太郎と4人の専門家が読み解く ウクライナ侵攻“結末のシナリオ”

「6月にロシアがなくなる?」木村太郎と4人の専門家が読み解く ウクライナ侵攻“結末のシナリオ”

FNNピックアップの他の記事

手荷物検査はしていなかった…なぜ凶行は岡山では起きなかったの…

手荷物検査はしていなかった…なぜ凶行は岡山では起きなかったの…

都道府県
まるで円形劇場と星空… “日本一美しい図書館”の建築家の集大…

まるで円形劇場と星空… “日本一美しい図書館”の建築家の集大…

ライフ
コロナに症状似ているが…子どもに「RSウイルス」患者急増 “コ…

コロナに症状似ているが…子どもに「RSウイルス」患者急増 “コ…

ライフ
涼しく動物も活発…「夜の動物園」はいかが?夏の人気イベント開…

涼しく動物も活発…「夜の動物園」はいかが?夏の人気イベント開…

ライフ
「抗原検査」は受けた方がいい? 換気で“扇風機”置き場所は?…

「抗原検査」は受けた方がいい? 換気で“扇風機”置き場所は?…

社会
熟成させ伸ばすこと3.6m…200年以上受け継がれる「手延べそうめ…

熟成させ伸ばすこと3.6m…200年以上受け継がれる「手延べそうめ…

ライフ
一覧ページへ
×