岸田首相は26日夜、東京都内で開かれた国際会議で、新型コロナの水際対策で停止していた外国人観光客の受け入れを来月10日から再開させる方針を表明し外国人観光客の受け入れは約2年ぶり。

国際交流会議「アジアの未来」晩さん会でのあいさつの中で、岸田首相は、水際対策をさらに緩和する方針を明らかにした上で、「6月1日から、一日の入国者総数を2万人に引き上げる」と表明した。

また、陽性率が低い国については、「入国時検査を行わずに入国を認めることにする」と述べた。

さらに、「現在、実施している実証事業とガイドラインの策定を受けて、来月10日から、添乗員付きのパッケージツアーでの観光客受け入れを再開する」と表明。

そして、北海道の新千歳空港と沖縄県の那覇空港について、「6月中に国際線の受け入れを再開できるよう準備を進める」とした。

これらの方針を明らかにした上で、岸田首相は「今後も感染状況を見ながら、段階的に、平時同様の受け入れを目指していく」と述べた。

政治部
政治部

フジテレビ報道局政治部

記事 1005