北朝鮮による拉致被害者の家族が、きょう午後、来日中の米・バイデン大統領と面会し、拉致問題解決への協力を訴えた。家族らが記者会見を行い、面会の様子を明らかにした。

この記事の画像(4枚)
バイデン大統領と面会後、拉致被害者の家族らが記者会見を行った(午後4時ごろ 東京・千代田区)

バイデン大統領と面会したのは、拉致被害者・横田めぐみさんの弟で、家族会代表の横田拓也さんや、めぐみさんの母・早紀江さん、有本恵子さんの父・明弘さんら8家族11人。

面会は、午後3時前からおよそ30分間に渡って行われたという。当初は、横田拓也さんらが代表して挨拶をする予定だったが、バイデン大統領が、家族ひとりひとりから話を聞き、握手を交わしたという。

家族の中でも高齢の横田早紀江さん、有本明弘さんは、椅子に座ったままだったが、そこへ大統領が自ら近づいてきて、ひざまずき、話を聞く場面もあったという。早紀江さんには「ハグをして」優しい言葉をかけたとのこと。

早紀江さんによると、大統領は、自らも、過去に子どもを亡くしていることに触れて、「あなた方の気持ちは分かります。私も同じ気持ちです」と語りかけたという。

会見で、拓也さんは、「引き続き、アメリカの力強い支援をお願いした。大統領と会うことによって、北朝鮮への強力なメッセージになつながる。面会が実現したことをありがたく思っている」と述べた。

拉致被害者の家族が、問題解決への協力を訴えて、アメリカの大統領と面会するのは、ブッシュ氏、オバマ氏、トランプ氏に続いて、バイデン大統領で4人目。

社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 802