「本人を褒めるための表現だった」と釈明 維新議員「顔で選べば1番」発言

「本人を褒めるための表現だった」と釈明 維新議員「顔で選べば1番」発言

日本維新の会の石井章参議院議員が、夏の参院選栃木選挙区に出馬予定の女性候補者の事務所開きで、「女性が5人出るが、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」などと発言したことについて、維新の藤田幹事長は16日、記者会見で「本人を上げてあげる、その人を褒めるという観点から、そういう表現をしてしまった。私から厳重注意した」と説明した。

石井議員は15日、栃木県内で行われた女性候補者の事務所開きで、「女性が5人出るが、年齢が若く、顔で選んでくれれば1番を取るのは決まっている」となど発言。

その後、石井議員は自身の発言について維新の会の幹部に対し、「悪意はなかった」と釈明し、撤回する考えを伝えた。

藤田幹事長は会見で、石井議員本人から報告があったことを明らかにした上で「見た目で人を差別するとか、そういう趣旨はなかったということで、私に対して、また、党に対しても申し訳ないという言葉があった」「ルッキズムやジェンダーとか、そういうことについてやはり我々は適切に言葉を選んでいくべきだ。石井議員にも今後そういうことがないように申し上げた」と述べた。

参院選栃木選挙区からは、女性5人を含む6人が出馬を予定している。

記事 1178 政治部

日本の将来を占う政治の動向。内政問題、外交問題などを幅広く、かつ分かりやすく伝えることをモットーとしております。
総理大臣、首相、官房長官の動向をフォローする官邸クラブ。平河クラブは自民党を、野党クラブは、立憲民主党、国民民主党、日本維新の会など野党勢を取材。内閣府担当は、少子化問題から、宇宙、化学問題まで、多岐に渡る分野を、細かくフォローする。外務省クラブは、日々刻々と変化する、外交問題を取材、人事院も取材対象となっている。政界から財界、官界まで、政治部の取材分野は広いと言えます。

参院選2022特設ページへ >>>
【よく一緒に読まれている記事】
維新議員「顔で選べば1番」発言…「悪意はなかった」と撤回 

維新議員「顔で選べば1番」発言…「悪意はなかった」と撤回 

×