細田衆議院議長が「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない」などと発言したことについて、立憲民主党の小川政調会長は12日、「極めて不適切な発言で抗議したい」と述べた。

細田議長は10日、東京都内で開かれた自民党議員のパーティーでの挨拶で、議員の給与に当たる歳費について、「議長になっても、毎月もらう歳費は100万円しかない。『そんなにもらっているのか』というが、上場会社の社長は1億円は必ずもらう」と語った。

立憲民主党の小川政調会長は12日、記者会見で、「細田議長が、議員の報酬などについて、不穏当な発言をしているようだが、国民生活が逼迫する中で、議員に対しては厳しい目が注がれいて、国会議員の処遇や特権と言われるものについても見直しの必要性がこれまでになく高まっている。極めて不適切な発言で抗議したい」と述べ、細田議長の発言を批判した。

政治部
政治部
記事 843