この記事の画像(9枚)

岐阜県大垣市の和菓子店が、寒天を使った団子の様な透明のお菓子を考案し、人気を呼んでいる。

”映え”だけじゃない お菓子の向こうに見える和の原風景

岐阜県大垣市の和菓子店「柏屋つちや」。

どら焼きやまんじゅうといった定番の和菓子が並ぶが、看板商品は透明なお団子の形をした「Kasane」だ。

客A:
色味がすごくきれい。写真に撮る楽しみと食べる楽しみと、二度味わえると思って

客B:
インスタグラムでKasaneが載っていて、とてもきれいだなと思って買いに来ました。一緒に住んでいる彼へのお土産で

作ったのは店主の槌谷祐哉さん。

「柏屋つちや」店主 槌谷祐哉さん:
寒天とお砂糖を使って作った、干菓子の一種になります

お団子のように見えるものの正体は、お餅ではなく寒天。初夏の木漏れ日が目に眩しい新緑をイメージしていて、ミント、マスカット、青りんごの3つの味が一本になっている。

「柏屋つちや」店主 槌谷祐哉さん:
初夏というのは1年を通して唯一、景色が全部緑になる。緑の世界が広がる時季、この景色をどうしてもお菓子に表したいという思いがありまして、この色の組み合わせにしました

作り方は、寒天を溶かし砂糖を加えて煮詰めた後、風味付けした食紅で色を付け穴の型へ流し込み、固まったらお団子のように串へ通す。

食べるのがもったいない、ずっと見ていたい美しさだ。2時間ほど乾燥させれば完成。外はシャリシャリ、中はつるっとした食感に。

槌谷さんは老舗和菓子店の9代目で、より自由に和菓子を作りたいと2020年に独立した。これまでの経験を活かし、見た目も美しい和菓子を作っている。

参考にしたのは十二単のような、女性の和装などを季節ごとに色で表現する「かさねの色目」という日本独特の文化。

商品も季節ごとに色の組み合わせを変えている。

「柏屋つちや」店主 槌谷祐哉さん:
Kasaneというお菓子を見て、その向こう側にある景色を。いつか見た景色かもしれないですし、これから行きたい所かもしれないですけれど、それを想像できる時間を持っていただけたら

(東海テレビ)

東海テレビ
東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。

記事 2107