被告の口から出た「何も考えてなかった」

神奈川県大井町の東名高速で、5年前、あおり運転をされた末に夫婦が死亡した事故。石橋和歩被告(30)は危険運転致死傷などの罪に問われている。今年1月に始まった”やり直し裁判”は、すでに法廷での審理を終えている。記者には、裁判を傍聴する中で、印象的な場面があった。

危険運転致死傷などの罪に問われた石橋和歩被告(30)
この記事の画像(8枚)
今回の事故は、裁判員裁判の対象事件となっている。

(今年2月の被告人質問)

検察官:パッシングしたらどういう反応すると思いましたか?
石橋被告:その時は何も考えてなかった
検察官:何のためにパッシングをしたのか
石橋被告:どこかに停めようとしていたと思う
検察官:パッシングすると相手の車が停まると考えた?
石橋被告:その時は何も考えていなかった

2017年6月5日夜、石橋被告は、東名高速の中井サービスエリアにいた。その際、萩山嘉久さん(当時45)から、駐車場所について注意を受け、それに腹を立てて、萩山さんの車を追いかけたとされる。萩山さんの車には、妻の友香さん(当時39)と娘2人が同乗していた。

事故が起きた現場(2017年6月 神奈川・大井町)

石橋被告は、執拗にパッシングを繰り返し、車の前に割り込むなどの”あおり運転”を4回繰り返したとされる。そして、ついに萩山さんの車は、高速道路上に停まった。自分の車を降りた石橋被告は、萩山さんに詰め寄り、胸ぐらをつかむなどしたとされる。

(今年2月の被告人質問)
検察官:
相手に「海に沈める」と言った?
石橋被告:言ったかもしれないし言ってないかもしれない
検察官:「道路に放り投げる」とは言った?
石橋被告:言ったかもしれないし言ってないかもしれない

暴行事件の現場は、夜の高速道路の追い越し車線上だった。そこに後続のトラックが突っ込んできたのだ。この事故で、萩山さんと友香さんが死亡し、娘2人も大ケガをした。石橋被告自身も負傷している。

亡くなった萩山嘉久さん(当時45)と妻の友香さん(当時39)
被告人質問に臨む石橋被告からは”他人事”な供述が目立った(イラスト:大橋由美子)

”異例”やり直し裁判 4年前の被告は

石橋被告をめぐる裁判は、異例の展開をたどった。2018年12月、横浜地裁は、石橋被告に懲役18年を言い渡した。しかし、二審の東京高裁が、翌年の12月、一審の裁判手続きに違法な点があったとして、裁判のやり直しを命じたのだ。

上記の検察官と石橋被告のやり取りは、今年2月、やり直し裁判での被告人質問の際のものだ。実は、4年前の一審の被告人質問で、石橋被告は、事故当時の様子について、次のように供述していた。

4年前の一審当時の石橋和歩被告(2018年12月)

(4年前の被告人質問)
石橋被告:
たばこ吸いよる途中に、萩山さんから「邪魔やボケ」みたいなことを言われて、たぶんカチンときた。ムカついて追いかけたと思います。
弁護側:(萩山さんの車に)追いついて何を?
石橋被告:パッシングしたと思います。「止まれ」っちゅうこと。
弁護側:(車を止めた後)あなたは何と言いましたか?
石橋被告:「ケンカ売りよんか」とかそんな感じで。

検察側:止められないぐらい頭に血が上っていた?
石橋被告:はい。
検察側:萩山さんにどんな口調で話しましたか?
石橋被告:怒鳴りよったと思います。

石橋被告:子供がいることは分からず、子供がいることを知っていれば何もしなかった。こういう事件を起こして申し訳ないことをしたと思っています。本当にすみませんでした。

懲役18年求刑 6月6日判決へ

4年前の被告人質問でも「覚えていない」と述べる場面が多かった石橋被告。一方で、感情を露わにして、事故当時の心境を語ることも少なくなかった。それ故に、法廷での言動が批判されることもあった。

ところが、今回のやり直し裁判では、「何も考えてなかった」「覚えていない」を繰り返すばかり。終始、他人事のように見える。法廷戦略の変更なのか。4年前との”違い”に違和感を覚える。

逮捕後の現場検証の際は、石橋被告があくびする姿も見られた

法廷では「自分は事故になるような危険な運転はしてないし、人がけがをしたり亡くなったりする事故はしていない」と起訴内容を否認している石橋被告。事故の責任は、突っ込んできた後続のトラックにあると主張している。

また、事故が起こる直前の様子については「相手の車が減速して停まって自分も減速して停まった、相手が先に停まった」と説明している。検察側の求刑は懲役18年。判決は6月6日に言い渡される。

社会部
社会部


天皇ご一家、秋篠宮ご一家、上皇ご夫妻など、皇族方の活動を伝える宮内庁担当記者。首都東京で起きた事件・事故・社会問題を、スピーディーに伝える警視庁クラブ。地裁、高裁、最高裁から、東京地検特捜部、日本弁護士会、司法、法曹界に関する問題、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、東京国税局、国税庁などを幅広くフォローしている司法クラブ。厚生労働省クラブにおいては、医療、年金、児童虐待なども担当、新型コロナウイルス取材の最前線に立っています。国土交通省クラブにおいては、運輸行政、鉄道会社の動向、地価など国土に関するニュースも専門とする他、海上保安庁、訪日外国人対策にも目を開かせています。文部科学省クラブは、小中高大の教育の他に、各入試制度、大学入学共通テスト、子どもの体力から健康面だけではなく、文学一般、JAXAをはじめとした宇宙問題、理化学研究所などの化学分野、ノーベル賞、世界遺産も担当します。都庁クラブは、首都東京に関する事柄を担当。都知事選、都議選もフォローします。その他、神奈川県警、神奈川県庁、横浜市役所、埼玉県警、埼玉県庁、さいたま市役所、千葉県警、千葉県庁、千葉市役所、茨城県警、茨城県庁、栃木県警、栃木県庁、群馬県警、群馬県庁、山梨県警、山梨県庁、青森県警、青森県庁等を、各支局で取材対応しております。

記事 807