この記事の画像(8枚)

ロシア軍による侵攻で愛知県に避難してきた女性が、ウクライナ伝統の「硬いパン」を通して、日本での生活にチャレンジしている。

5月発売を目指し商品開発「パンを通して応援したい」

こんがりとした焼き色のパン。ウクライナの人たちの主食で「バトン」と呼ばれ、硬いのが特徴だ。

このバトンを通して今、ウクライナと日本を固い絆で結ぶ動きがある。

キーウ出身のリディア・ザイエツさん(36)。

ロシア軍の攻撃で自宅は壊滅的な被害を受け、4月10日に夫のルスランさんと日本の知人を頼り避難。今は安城市内の県営住宅で暮らしている。

19日、リディアさんが大きな袋を手に提げ訪れたのは、安城市に本社を置き愛知県内6店舗を展開する「パンのトラ」。お手製のバトンを持参した。

打ち合わせの相手は加藤敦揮社長。「あたたかく受け入れてくれた日本に恩返しがしたい」というリディアさんと、加藤社長の「パンを通してウクライナを応援したい」という思いがマッチし、パンのトラでウクライナのパンを商品化して、売上の一部を寄付する計画が持ち上がった。

リディア・ザイエツさん:
日本のパンは軽くてふわふわ。ウクライナのパンはハード系、硬めで重い

本場を知るリディアさんからのアドバイスによると、ちょっと硬めのバトンにサワークリームと具材を載せて味わうのがウクライナ流だ。

リディア・ザイエツさん:
社長が温かく受け入れてくれて、一生懸命「何かしてあげたい」という気持ちがうれしい。ウクライナの文化を少しでも皆さんに知ってもらえたら

さっそく商品化に向けて動き出した開発チーム、5月中旬ごろの販売を目指している。

加藤敦揮社長:
日本の方にウクライナを「遠くのよく分からない国」じゃなくて、こういうもの食べているんだって、ほんの少しでも近くに感じてもらえたら

(東海テレビ)