この記事の画像(14枚)

ウクライナから避難してきた夫婦が、愛知・安城市で新生活に向け動き始めた。2人を受け入れたのは、キーウで日本語を教えていた夫婦。日本で直面した文化の違いとは…

コンビニのWi−Fiでウクライナの家族に連絡…慣れない生活を一歩ずつ

4月10日、JR三河安城駅に到着したウクライナ・キーウ出身のルスランさん・リディアさん夫婦。

ロシア軍の爆撃を3回受けて自宅は崩壊。ポーランドを経由して日本へ避難してきた。

2人が頼ったのは、葛西孝久さん(71)・不二恵さん(70)夫婦。実は2人…

葛西不二恵さん:
24日の朝、警報が鳴りだして

葛西孝久さん:
僕たちが出る駅の線路の所に2発落ちたんです。(ロシア軍が)キーウに来るなんてことは100%誰も思っていなかった

12年前に中学校を早期退職してキーウへ移住し、夫婦で日本語学校の講師などをしていた。

葛西不二恵さん:
真っ暗でシェルターの中にいる時に、ほんのちょっとの段差のところで転んでしまったんです

不二恵さんはシェルターで足を骨折。数々の苦労を経て、3月20日に帰国した。そのとき届いたのが、かつての教え子からの”SOS”だった。

葛西孝久さん:
(ルスランさんから)「私と妻は日本へ行くことを希望します」と書いてあります。「わかりました」と、二つ返事です

避難してきたルスランさん夫婦が当面生活するのは、隔離期間用の仮住まいのアパート。
しかし、ここは異国の地。部屋の中にはベッドではなく「布団」が…

糖尿病を患っているため、男性でありながら特別に出国が許可されたルスランさん。葛西さんも食事に気遣っている。

用意したのは硬めのパン。ここにも文化の違いがあった。

葛西不二恵さん:
硬いパンが主流で、日本みたいに柔らかいパンは皆さんほとんど食べられない

このあと、コンビニの前に向かったリディアさん。

リディアさん:
母と姉にメールを送った。「こっちに無事に着きました。とても暖かく受け入れてくださったから安心してください」と

コンビニのWi−Fiを利用して、今もキーウに残る母と妹へメッセージを送信。在留資格がまだ短期滞在のため携帯電話の契約ができず、こうしてWi-Fiを使っている。

ルスランさん:
生きることができるという希望を心の中に持って。日本に温かく受け入れてもらったので、仕事を探して恩返しできたらいい

11日、孝久さんはルスランさん夫婦に代わって、県営住宅への入居手続きをしていた。

葛西孝久さん:
(コンロは)ウクライナは普通4口ですもんね。煮込みのスープ料理が多い

畳の部屋。でも落ち着いて生活してほしいと、無償で提供される県営住宅に申し込んだ孝久さん。

ルスランさん夫婦は自主隔離の期間が終わる1週間後に入居する予定で、孝久さんは働き口も探しているという。

孝久さん:
(ルスランさんには)「いい仕事ないですよ」と言ったんですけども、「爆弾が落ちてくるよりいいので日本で働きます」と言われたので

孝久さんは12日、安城市長を訪ね、医療面での支援なども要請した。

葛西孝久さん:
医療面を大変心配しております

神谷安城市長:
またウクライナの人たちがたくさんみえるかもしれないので、その際には(商工会に)「みなさん、仕事をとりもってあげてください」と

避難してきた人たちの新生活に向け、サポートが広がり始めている。

(東海テレビ)

記事 2086 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。