韓国で「ポケモンパン」が争奪戦となっている。買えなかった客が店で暴れたり、配送トラックを追いかけ回すなど、その人気ぶりは尋常ではない。なぜいま、ブームが起きているのか。

FNN記者のイチオシのネタを集めた「ネタプレ」。今回は、FNNソウル支局の仲村健太郎記者が「シール全種類ゲットだぜ!熱狂の中心は“キダルト族”?」を伝える。

この記事の画像(17枚)

BTSもコンビニをハシゴ…韓国で「ポケモンパン」ブーム

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
こちらが韓国で社会現象となっているポケモンパンです。韓国の製パン会社が製造していて、袋には日本アニメ・ポケモンのキャラクターが描かれています。値段は日本円で約150円。2月の発売から50日で1200万個、毎秒2個から3個が売れている計算です

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
コンビニエンスストアには軒並み入り口に、品切れとの張り紙が掲示されていて、中には夜遅くに配送車が到着するのを待ち伏せする人もいるんです。ソウル市内のスーパーマーケットを取材すると平日にもかかわらず、朝7時から列ができ始め、50人以上が整理券を求めて並びました。最近は毎日こういった状況だそうで、週末は100人以上が並ぶこともあるそうです。皆さんのお目当ては“おまけ”として入っているシールです。購入した方に話を伺いました

ポケモンパンを購入した人(20代):
同じシールが出ましたね

Q.すでに持っている?
ポケモンパンを購入した人(20代):
はい。まだ全部は集められてなくて、いま130種くらい集めました

Q.パンは?
ポケモンパンを購入した人(20代):
150個くらい買いました

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
ブームは芸能界にも広がっていて、人気グループBTSのメンバー・RMさんも「コンビニ8軒ハシゴ お願いだからもっと売ってください」とコメントしています。また、中古品取引サイトでは、シールの相場表なるものまで登場しています。1枚1枚値段が付いていて、中には1枚5000円の値が付いたものもあります。ホテルでは宿泊とポケモンパンの抱き合わせプランが登場し、さらに、パンをプレゼントすることで新型コロナによって減少した献血の協力者を増やそう。そんな動きも出ているのです

熱狂を支える“キダルト族”とは?

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
ただ、一方で困った問題もありまして、シールを抜き取った賞味期限切れのパンがインターネット上で売られています。お店では、客が在庫を隠していると激高して店員を暴行する騒動も起きました。さらに、コンビニ店員が「ポケモンパンをあげる」と小学生の女の子を誘い出して、店内の倉庫でわいせつな行為に及ぶ。そんな事件も起きています

加藤綾子キャスター:
事件まで起きるほどの熱狂ぶりというのは驚いてしまいますけど、なぜそれほど人気なんですか

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
韓国メディアはその要因について“キダルト族”という言葉で表しているんですね。キダルトはキッズとアダルトを組み合わせた造語でして、子どもの頃に熱中したアニメや漫画のキャラクター製品やプラモデルなどを“大人買い”する人を指すんだそうです

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
その多くは1980年代から90年代にさまざまなアニメやゲーム、おもちゃに囲まれて幼少期を過ごした世代です。ポケモンパンも90年代後半から販売された商品の復刻版なんですね。幼い頃、シール集めに興じた時のことを思い出した、キダルト族の消費意欲に火をつけたのです

ポケモンパンを購入した夫婦 妻:
昔の思い出があって(購入した)

ポケモンパンを購入した夫婦 夫:
昔はたくさん集められなかったから今になって集めている

ポケモンパンを購入した夫婦 妻:
ピカチュウが大好きでゼニガメも欲しいです

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
韓国では近年、このキダルトを狙った市場が急拡大してるんですね。2014年には日本円で約520億円だった市場が、2020年には約1660億円にまで伸びています。3倍伸びているわけです。最近では、ポケモンパンのほかにも、動画配信サイトでセーラームーンやドラゴンボールといった、今の大人たちが幼かったころに熱狂した日本アニメですね。その再配信が続々行われていたり、アニメキャラクターが化粧品のパッケージになったりと、各業界がキダルト市場に期待を寄せていることが伺えます

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
こうした状況について、専門家は就職難や不動産価格の高騰など「厳しい状況に置かれた若者が家や車といった派手な消費は難しいながらも、幼少期に熱中したものを買い集めることに楽しみを見出しているのでは」と指摘しています

不買運動「NO JAPAN」も終了へ…ポケモンは強かった

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
一方で、韓国内では日本文化がブームになることについて不満の声も上がっているんですね。実は4月、SNS上で「NO JAPAN」をもう忘れたのかと、ポケモンパンの不買を訴える声が上がったのです。NO JAPANとは、日本製品の不買運動のことです。2019年、いわゆる徴用工問題への事実上の対抗措置として、日本が韓国への輸出管理を強化した際に、韓国がさらに対抗する形で始まりました

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
ポケモンパンの販売会社は著作権を持つ日本側と契約を結んでいるため、韓国でパンが売れれば売れるほど、日本側もライセンス料で潤うわけです。この状況を良く思わない韓国の一部の人たちが声を上げたのです。しかし、韓国の企業が販売するパンなんです。そのパンにまで、NO JAPANを適用するのは度が過ぎているなど、反対意見も多く、不買の動きは大きなうねりとはなっていません

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
それどころか、品薄が長引いていることを受けて、日本で販売されているポケモンパンを個人輸入で取り寄せて、韓国で販売する。そんな動きも出ています。韓国のポケモンパンと日本のものは別物なんですけれども、同じようなシールが入っているために、代替品で心を満たそうというわけです

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
NO JAPANによって、さまざまな日本ブランドが打撃を受けたのは事実です。ただ、最近は日本の会社の業績は回復傾向にあります。ユニクロは(約92億円の赤字から)約55億円の黒字に転換したほか、日本のビールの輸入額は前年より55%も増加しているんですね。全体として、韓国の日本からの輸入は、2021年は不買運動前の水準に戻っているわけです。まさにV字回復です

FNNソウル支局 仲村健太郎記者:
不買運動を主導してきた「NONOJAPAN」というウェブサイトは、3月に閉鎖されたことも分かりました。韓国メディアも指摘していますが、今回のポケモンパン旋風は「NO JAPANの終了を事実上、ダメ押しした」。そう言えるかもしれません

国際的な平和に貢献する時代が来るかも

イット!ではコメンテーターで社会学者の古市憲寿さんに話を聞いた。

加藤綾子キャスター:
古市さん。ポケモン人気がNO JAPAMを終わらせるかもしれない。それほどの影響力を持っていたということですかね

古市憲寿氏:
やっぱり、ソフトパワーの影響力って計り知れないなと思ったんですけど、特にポケモンってめちゃくちゃ人気で、毎年世界大会が開かれて、カードゲームとかビデオ大会のためにみんなが集まる。なんか新しい言語とか新しいスポーツに近いのかなと思うんですね。ポケモンがない世界とポケモンがある世界を考えると、確実にポケモンがある世界の方が平和になってるなと思っていて。例えば、数十年後、ポケモンに慣れ親しんだ世代が多分、世界の大統領とか首脳になっていくじゃないですか。そうなっていくと、例えば、安倍元首相とトランプ元大統領がゴルフで外交したように、ポケモンカードとかでそういう外交をするような時代。ポケモンというものが本当に世界の平和に貢献する時代というのが来るんじゃないかなという気もします

加藤綾子キャスター:
何か友好的なカードの一つになっているような気がしますよね

古市憲寿氏:
日本は韓国とかにソフトパワーで負けてるって言われてましたけど、実はこんなにコンテンツがあるってことは、やっぱりうれしいニュースですよね

加藤綾子キャスター:
そうですね。日本にとってもうれしいです

(「イット!」4月21日放送より)

イット!
イット!
メディア
記事 1730