宮崎県都城市の酒造メーカーが、動物保護活動を行う団体と共同で、保護された猫や犬と里親をつなぐ支援活動プロジェクトをスタートさせた。

この「はぴにゃんプロジェクト」は、都城酒造とNPO法人3団体がプロジェクトメンバーとなり、2021年12月に立ち上げた。

保護した猫や犬と里親をつなぐ
この記事の画像(8枚)

都城酒造HD 企画室・福盛美和統括マネージャー:
本社の前にあるエムズガーデンの裏でけがをしたり、病気になった猫ちゃんをたくさん見かけるようになってしまって。それがいまだになくならない状態で…。そういう猫ちゃんたちを救えたらいいな、というところからスタートしています

市の内外から多くの人 募金箱も設置

2022年1月からは毎月1回、保護された猫と犬の月例譲渡会を開いていて、1月と2月の譲渡会では約30匹の里親が見つかった。

毎月開かれている譲渡会の様子

事前にNPO法人のボランティアが譲渡先を訪問し、飼育環境などに問題がないかなどを確認するようにしている。

先日開かれた3回目の月例譲渡会には、里親を探している猫18匹と犬15匹に対して、都城市の内外から456人が訪れた。

この日は犬5匹の里親が決まり、猫については4匹に16組の申請があった。今後、書類選考などを経て新しい家族が決まるという。

都城酒造HD 企画室・福盛美和統括マネージャー:
都城市では、譲渡会の開催があまりないということなので、皆さん興味を持っていただいていて。亡くなってしまった猫ちゃんがいて、すごく悲しい中で「ちょうど譲渡会というのを見たから来てみた」という方もいらしたので、反応は良かったなと思っています

譲渡会会場など6カ所には募金箱も設置されていて、集まった寄付は犬・猫の保護活動に役立てられる。

都城酒造HD 企画室・福盛美和統括マネージャー:
不幸な猫ちゃんを1匹でも(多く)救うことができたら良いなと思っています

都城酒造では今後、売り上げの一部が寄付につながるお酒の商品開発や、野良猫の避妊・去勢手術などを行うボランティアを支援していくことにしている。

(テレビ宮崎)

記事 273 テレビ宮崎

宮崎の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。