副反応治療の2分の1相当支給の”見舞金”も

新型コロナワクチンの副反応とみられる症状について、名古屋市中区の「柊みみはなのどクリニック」の内藤医師に聞いた。

まずは、「倦怠感」「頭痛」「接種部位の痛み」などがずっと続く状態で、稀に「嗅覚・味覚障害」が続くと訴える人もいるとのこと。

また、皮膚科を受診する患者で特徴的なのが、「蕁麻疹」や「脱毛」で悩む人がいること。

この記事の画像(4枚)

名古屋市が設置している電話の相談窓口では、受診できる市内の90以上の協力医療機関などを案内してもらえる。副反応などの症状が約2週間以上続いている人が対象だ。

【番号】午前9時~午前5時 土日・祝日除く
090-1886-6370
090-1886-6380

また、愛知県は副反応とみられる症状で治療を受けた県民に対し、独自に見舞金を支給するとしている。

対象は2021年2月以降にワクチンを接種した人で、副反応などの症状で支払った治療費の2分の1相当が支給される。

大村知事は「安心して接種を受けられる環境を整えることで、接種を加速させたい」としている。

(東海テレビ)

記事 2423 東海テレビ

岐阜・愛知・三重の最新ニュース、身近な話題、災害や事故の速報などを発信します。