日本郵便は、3月18日からイギリス、フランス、ドイツ、ベルギーの4カ国の航空便の引き受けを再開すると発表した。

ウクライナ情勢を受けて3月8日から18の国と地域への航空便とEMS(国際スピード郵便)の引き受けを一時停止していたが、この4カ国については一定の航空便の確保ができたため再開することになった。対象は封書やポストカードなど小型のものに限られる。すでに引き受けたそのほかの郵便については、順次、送り主に返送している。