2022年2月22日は、猫が好きな方にとってたまらない1日になったのでは。2月22日は語呂合わせで「猫の日」とされているが、2022年は”にゃんと「2」”が6つも連なる「スーパー猫の日」。

ネコ好きにはたまらない日

仙台市宮城野区にある、こちらの猫カフェ。

この記事の画像(8枚)

2022年2月22日は2が6つも連なる、まさにスーパーな「猫の日」だが…当の猫たちは、いつも通り。カフェでは800年ぶりのこのおめでたい日にあわせ、猫が大好きなおやつを特別に準備。すると…この食べっぷり!

客:
こんなに求められることないです。おやつの力って偉大だな

客:
いつも来ない子とかも来るので、おいしいのが分かってるんだと思います。癒されます

例年にない盛り上がりはこちらでも。

丸森町で「猫神祭」

宮城県南部の丸森町では、猫好きにはたまらないイベントが、2022年に初めて開催された。そのにゃも「猫神祭」。訪れた人たちは、猫をモチーフにしたさまざまなグッズを買い求めていた。

訪れた人:
こんなに賑わっているのは久しぶり。活気があっていいなと思います。これを機に、丸森がもっと注目されるようになればいいと思う

丸森町がこうした猫にちなんだイベントを開催した背景には、町内各地に残されている石碑や石像にある。

主催者 丸森町観光物産振興公社 富倉昌子さん:
丸森町は猫神様の石碑が日本一多いと言われている場所でもある。たくさんの方に猫神様を知ってもらいたい気持ちと、新しく猫の町として何かシンボルになるようなイベントをできたらと思った

江戸時代から養蚕が盛んだった丸森町。大切な蚕をネズミから守るため、農家の人たちは猫を頼りにしていた。そんな生活を守ってくれた猫を供養しようと、「猫神」として石碑に残したとされている。
これまでに町内で見つかった「猫神」の石碑や石像は、あわせて82基。今でも新たな石碑が見つかることもあるといい、その数は増え続けている。

猫と共に生きてきた丸森町。2月22日は農産物直売所でも、かつてこの場所に住みつき人気を集めていたネコ「とらおくん」をモチーフにしたグッズの販売が始まった。

いなか道の駅やしまや 八島哲郎さん:
いまでもお客さんに、とらおくんどうしたのを聞かれる。いまは店にいないけど、グッズでやしまやに帰ってきてもらい、みなさんに愛されてもらおうと作った

2022年2月22日。コロナ禍で迎えた特別な日に、猫たちが癒やしをもたらしてくれた。

(仙台放送)