ワクチン2度接種しても…オミクロン株 9割が“ブレイクスルー感染” 中等症・重症患者数は減少するも
感染拡大… 新型コロナウイルス

ワクチン2度接種しても…オミクロン株 9割が“ブレイクスルー感染” 中等症・重症患者数は減少するも

重症患者は感染者の0.1%未満…ワクチン効果か?

新型コロナの第6波では、中等症・重症の患者がこれまでの波と比べて減っている。

愛知県がまとめた資料では、1月10日現在で確認されている感染者1540人のうち、97.3%が咳や発熱、倦怠感などがある軽症と無症状の患者だ。

酸素吸入をしたり、肺炎の症状が確認されたりした中等症は2.7%。人工呼吸器などでの治療が必要な重症患者は1人と、0.1%にも満たない数字だ。

これまでと比べると、2020年2月からの第1波の時には重症・中等症の人が感染者のうちの32%を占めていて、2021年7月からの第5波では5%ほどだった。
現在の第6波はそれよりも減って2.7%ほどなので、減少傾向がみてとれる。

なぜ減少しているのかというと、一つがワクチン普及の効果とみられている。アメリカの疾病対策センターによると、重症化の予防効果は接種完了から4カ月経過後も、モデルナ社製で91%、ファイザー社は77%の効果が保たれるとされている。

この記事の画像(4枚)

重症者が減る一方で気になるデータも。
2度のワクチン接種を終えていても新型コロナに感染してしまう、ブレイクスルー感染が多発していることだ。

愛知県では、オミクロン株が確認されて以降の新型コロナ感染者74人を調べたところ、うち67人、実に9割の人が2度のワクチン接種を済ませていたというデータもある。

なぜブレイクスルー感染が増えているのかというと、理由はワクチンの性質。海外の治験などでは、ワクチンは接種後4カ月以降、重症化の予防効果は保たれるが、発症の予防効果は弱まっていくとされている。

愛知県の大村知事も「抗体が切れているということではないか」として、3回目接種の前倒しの重要性を訴えている。

(東海テレビ)

愛知県のコロナ・ワクチン関連ニュース >>>
【よく一緒に読まれている記事】
デルタ株より回復早い? オミクロン株“軽症”の実態 「発熱と倦怠感あるも5日目から」帰省で家庭内感染の患者語る

デルタ株より回復早い? オミクロン株“軽症”の実態 「発熱と倦怠感あるも5日目から」帰省で家庭内感染の患者語る

感染拡大… 新型コロナウイルスの他の記事

金総書記自ら棺を担ぎ…「最も尊敬していた先輩」葬儀に大勢の参…

金総書記自ら棺を担ぎ…「最も尊敬していた先輩」葬儀に大勢の参…

国際
「今まで隠れていたところも必要に」マスク緩和で“メイク復活”…

「今まで隠れていたところも必要に」マスク緩和で“メイク復活”…

社会
「屋外・会話なし」ならマスク不要、屋内は…曖昧な政府“新方針…

「屋外・会話なし」ならマスク不要、屋内は…曖昧な政府“新方針…

社会
【速報】新型コロナ 東京都で2025人の感染確認 10日連続で前週…

【速報】新型コロナ 東京都で2025人の感染確認 10日連続で前週…

社会
3年ぶりに

3年ぶりに"みこし担ぎ”が復活 「三社祭」の熱気…担ぎ手は"ワ…

都道府県
【速報】新型コロナ 東京都で3317人の感染確認 先週日曜より31…

【速報】新型コロナ 東京都で3317人の感染確認 先週日曜より31…

社会
一覧ページへ
×