重症患者は感染者の0.1%未満…ワクチン効果か?

新型コロナの第6波では、中等症・重症の患者がこれまでの波と比べて減っている。

愛知県がまとめた資料では、1月10日現在で確認されている感染者1540人のうち、97.3%が咳や発熱、倦怠感などがある軽症と無症状の患者だ。

酸素吸入をしたり、肺炎の症状が確認されたりした中等症は2.7%。人工呼吸器などでの治療が必要な重症患者は1人と、0.1%にも満たない数字だ。

これまでと比べると、2020年2月からの第1波の時には重症・中等症の人が感染者のうちの32%を占めていて、2021年7月からの第5波では5%ほどだった。
現在の第6波はそれよりも減って2.7%ほどなので、減少傾向がみてとれる。

なぜ減少しているのかというと、一つがワクチン普及の効果とみられている。アメリカの疾病対策センターによると、重症化の予防効果は接種完了から4カ月経過後も、モデルナ社製で91%、ファイザー社は77%の効果が保たれるとされている。

この記事の画像(4枚)

重症者が減る一方で気になるデータも。
2度のワクチン接種を終えていても新型コロナに感染してしまう、ブレイクスルー感染が多発していることだ。

愛知県では、オミクロン株が確認されて以降の新型コロナ感染者74人を調べたところ、うち67人、実に9割の人が2度のワクチン接種を済ませていたというデータもある。

なぜブレイクスルー感染が増えているのかというと、理由はワクチンの性質。海外の治験などでは、ワクチンは接種後4カ月以降、重症化の予防効果は保たれるが、発症の予防効果は弱まっていくとされている。

愛知県の大村知事も「抗体が切れているということではないか」として、3回目接種の前倒しの重要性を訴えている。

(東海テレビ)