埼玉県で3回目のワクチン接種を受けた20代の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。

埼玉県によると、感染が確認されたのは20代の医療従事者の男性で、12月下旬に3回目のワクチン接種を受けていたという。発熱と喉の痛みがあったことから、医療機関を受診して、7日午前、感染が判明していた。症状は軽いという。

7日と8日に埼玉県内で感染が明らかになった人のうち121人が、ワクチン接種を2回受けていたという。3回のワクチン接種後に感染が確認されたのは、埼玉県では初めて。

社会部
社会部

フジテレビ報道局社会部

記事 775