女優の高畑充希(29)さんが、「VOGUE JAPAN」の企画で、BTSなどからラブコールを受ける世界的ダンサー・RIEHATAさんとコラボ。ヒップホップダンスに挑戦した。

高畑充希 × RIEHATA
この記事の画像(12枚)

高畑充希:
初めてのことなので、あまり気張らず、楽しかったなぁと思って終わりたい

意気込みを語る高畑充希

「VOGUE JAPAN」が、公式YouTubeチャンネルと連動した、俳優とダンサーによるスペシャルなコラボレーション企画をスタート。その第1弾となる動画「高畑充希×RIEHATA ヒップホップへの挑戦。」を11月28日に公開した。

クールな表情を見せる高畑充希

公開された動画には、顔合わせから練習風景、クランクアップまでの一部始終が収録されている。

(“はたコンビ”結成…後半に続く)

RIEHATA&高畑 “はたコンビ”結成

初めての顔合わせでは…

RIEHATA:
私、RIEHATAで高さんで、同じ「はたはた」で

高畑充希:
“はたコンビ”で(笑)

“はたコンビ”誕生?

「はたコンビ」の結成で、走り出しは順調。
高畑さん自身、「一番かけ離れた存在」と語るヒップホップとの異色のコラボ。どんな作品になっていくのか?

クールな雰囲気で

まずは選曲から。

RIEHATA:
高畑さんはミュージカルもお好きだし、音楽もお好きだと思うので、高畑さんの直感で、これやってみたいと思う音楽で決めてもらおうと思ってます

1曲1曲じっくりと聴いてイメージを湧かせ、選ばれたのは“変化球”な1曲。

RIEHATA:
高畑さんがこういうちょっと…変な、変なというか(笑)おもしろい音楽が好きというのが分かった

高畑充希:
ここカッコイイですよね

RIEHATA:
ここかっこいい!ぶっ飛んだ感じ

高畑充希:
テーマの「静と動」もあるけど、バーンって出るところと無音が効いてるなと思って。せっかくだからやったことのないことやりたいな

クールなダンスで「静と動」表現

撮影当日、それぞれダンスの雰囲気や動きに合わせた衣装を厳選し、ヘアメイクも済ませた2人は久々に再会。ステージとなる屋外のロケーションで、いよいよ本番がスタート。

ダンスで表現するのは「静と動」。

コロナ禍で抑圧された「静」の空気に、ダンスという「動」の表現で、新時代への希望を全身で伝える。

「静と動」をダンスで表現する

カットの声がかかると、それまでの真剣な表情から笑顔がこぼれ、ハイタッチでお互いをたたえ合った。

撮影が終了し、「普段の仕事ではあんまり経験できないことなので、すごく楽しかった。あまり感じたことのない気持ちです」と語る高畑さんは、達成感も感じられる表情。

高畑充希:
早く、もうちょっと気楽な毎日が来ないかなみたいな。望みも託して踊っていたような気がします

同世代の2人の表現者の息の合ったパフォーマンスやインタビュー、撮影の裏側は、「VOGUE JAPAN」公式YouTubeチャンネルで視聴できる。

VOGUEJAPAN公式サイト
https://www.vogue.co.jp/

(「めざましテレビ」11月30日放送分より)