重い心臓病でアメリカでの心臓移植を目指す、長野県佐久市の男の子を支援しようと募金活動が始まった。目標は2億2700万円。両親が切実な状況と支援を訴えた。

重い心臓病を患う中沢維斗くん、9歳(提供:ゆうちゃんを救う会)
重い心臓病を患う中沢維斗くん、9歳(提供:ゆうちゃんを救う会)
この記事の画像(14枚)

息子は心臓移植でしか助かる道がない

佐久市の小学4年生「ゆうちゃん」こと中沢維斗くん(9)。重い心臓病のため、長野県立こども病院に入院している。

長野県庁で支援を呼びかけた維斗くんの母・中沢加代さん(11月16日)
長野県庁で支援を呼びかけた維斗くんの母・中沢加代さん(11月16日)

母・中沢加代さん:
息子は心臓移植でしか助かる道がありません。「お家に帰ったらあれもしたい、これもしたい」と言ってくれています。早く家に帰らせてあげたいと願うばかりです

生後すぐに大動脈弁狭窄症と診断(提供:ゆうちゃんを救う会)
生後すぐに大動脈弁狭窄症と診断(提供:ゆうちゃんを救う会)

ゆうちゃんは生後すぐに大動脈弁狭窄症と診断され、人工弁を入れるなど手術を繰り返してきた。

手術を繰り返してきた中沢維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)
手術を繰り返してきた中沢維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)

50万人に1人の難病「拘束型心筋症」

治療しながらも元気に小学校に通うようになったが、2020年7月、心不全が悪化し長期の入院が必要に。

治療しながら小学校に通う維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)
治療しながら小学校に通う維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)

心臓の筋肉が徐々に固く、広がりにくくなる「拘束型心筋症」と診断された。50万人に1人の難病と言われている。

病気は進行が早く、心臓移植以外に生きる道はないと言われている。

提供:ゆうちゃんを救う会
提供:ゆうちゃんを救う会

主治医・県立こども病院 武井黄太医師:
今のままでは、手術や内服の治療では十分な改善が見込まれない。早期の治療(移植)が望まれる

維斗くんの主治医 県立こども病院・武井黄太医師
維斗くんの主治医 県立こども病院・武井黄太医師

ゆうちゃんは仮面ライダーやアニメ「鬼滅の刃」が大好きな男の子。しかし、入院生活では歩くこともできず、少しずつ症状が悪化しているという。

仮面ライダーやアニメ「鬼滅の刃」が大好きな維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)
仮面ライダーやアニメ「鬼滅の刃」が大好きな維斗くん(提供:ゆうちゃんを救う会)

母・中沢加代さん:
代われるものなら代わりたい。皆さんの力をお借りして命をつなぎたいと思っています

母・中沢加代さん(長野県庁 11月16日)
母・中沢加代さん(長野県庁 11月16日)

日本では移植に5~6年 「息子が元気になったら…」

ゆうちゃんの命を救う心臓移植。日本でも2010年に子どもへの移植が認められるようになったが、まだ提供者が少なく、コロナ禍の今は移植に5~6年はかかると言われている。

一刻を争う状況のため、アメリカに渡って移植手術することを望んでいる。

維斗くんの両親​:
あたたかいご支援お願いします

募金活動を行う維斗くんの両親(長野市 11月16日)
募金活動を行う維斗くんの両親(長野市 11月16日)

渡航や治療にかかる費用は最低でも2億2700万円。両親の友人などで作る「ゆうちゃんを救う会」は、3ヵ月で集めることを目標に募金を始めた。

 
 

県内外に募金箱を設置したり、振り込みやクラウドファンディングサイトでも受け付ける。金額が集まり次第、渡航して現地でドナーを待つという。

病気と闘う、ゆうちゃんと家族。

父・中沢智春さん:
息子が元気になったら、普通の生活が送れることを願っています。皆さんのご支援、ご協力なくして成し遂げられません

維斗くんの父・中沢智春さん(長野県庁 11月16日)
維斗くんの父・中沢智春さん(長野県庁 11月16日)

支援に関する情報は「ゆうちゃんを救う会」のSNSなどで公表している。

(長野放送)