最大3年待ちの大ヒット…お肉がムラなくジューシーに焼けるフライパン

この記事の画像(21枚)

愛知・碧南市に、最大3年待ちとなった人気のフライパンがある。この商品を作ったメーカーは、2021年9月に新商品として、鍋型の万能調理器具を発売した。焼く、揚げるはもちろん、フライパンと合わせればダッチオーブンのような調理器具にもなり、キャンプに使えると話題になっている。

愛知・碧南市に、溶かした鉄を型に流し込み、水道管や重機などの部品を作る鋳造メーカー「石川鋳造」がある。

この会社は、最大3年待ちとなった調理器具「おもいのフライパン」(11000円 20cmサイズ)のヒットで一役有名になった。

累計5万枚売れたというこのフライパンの最大の特徴は、鋳物のため熱伝導が良く、まんべんなく手早くフライパンに熱が通ること。

また鉄板が厚いため、料理中にフライパンの温度が下がりにくく、肉に焼きムラがなく、外はカリっと中はジューシーに焼くことができる。

代表の石川鋼逸さん:
お肉がおいしく焼けるフライパンがなかったんです。じゃあ開発して世の中に出したいなと

フライパンは約1200グラムと少し“重め”。そして、お肉をおいしく焼きたいという社長の熱い思いから、“おもいのフライパン”と名付けられた。
現在は生産効率も上がり、注文から1か月ほどで届くとのこと。

無水料理や蒸し料理も…新商品は様々な料理が作れる万能調理器具

石川鋳造は、新たに画期的な調理器具「おもいのマルチパン」(13200円)を開発。

石川鋼逸さん:
一見鍋みたいですが、“おもいのフライパン”の性能は維持しながら、鍋としての機能もある

フライパンに続く新たな看板商品として2021年9月に発売した“おもいのマルチパン”は、その名の通り様々な料理が作れる調理器具。フライパンと同様ステーキを美味しく焼いたり、油で串揚げを作ることもできる。

そして最大の特徴が、“おもいのマルチパン”の上に“おもいのフライパン”をぴったり重ねられること。重ねることで、キャンプにも役立つ“ダッチオーブン”のような調理器具にもなる。

石川鋼逸さん:
フライパンがフタ代わりになり、無水料理だとか蒸し料理ができる。1台で2役、3役になる画期的な調理器具

キャンプグッズとしても話題に…焼くだけでなく“蒸し料理”もできる“マルチパン”

“おもいのマルチパン”を使って、豚肉とたっぷりの野菜を使った「ホットロースト」を作ってみた。まずは、豚バラ肉を表面がきつね色になるまで焼く。

続いて、炒めた野菜の上に豚バラをのせて、ローズマリーとお酒を入れ、“おもいのフライパン”でフタをして30分加熱するだけ。

フライパンとマルチパンがぴったりと合わさっているため、吹きこぼれもない。キャンプ飯にもおすすめの蒸し料理「豚バラ肉のホットロースト」の完成だ。

焼いたり揚げたりだけでなく“蒸し料理”もできる、まさに“マルチパン”。

ご飯を炊くこともでき、その様々な調理ができる便利さが人気となり、キャンプグッズとしても注目を浴びている。

きっかけは客からの「フタが欲しい」との要望…フタも調理器具にという発想から誕生

マルチパン誕生のきっかけは、「おもいのフライパンのフタを作ってほしい」という客からの要望だった。しかし…

石川鋼逸さん:
フタを作る中で、全てメイドインジャパンの部品を使うとなかなか作れないし、部品の調達も厳しいことがわかりまして…

おもいのフライパンは、すべて日本製で「メイドインジャパン」の品質の高さをウリにしていた。そのため、フタも日本製にしようとしたが、部品の調達やコスト面で実現できず、そこで…

石川鋼逸さん:
鍋として、調理器具として活用できるフタがあれば、画期的な調理器具になるのではと思って…

一般的なガラスのフタなどではなく、「そもそもフタも調理器具にすればいい」という大胆な発想から、何度も試行錯誤。そして構想から3年、調理器具にもフタにもなる「おもいのマルチパン」(13200円)が誕生した。

もちろん、鍋の上にフタとしてフライパンを重ねる逆パターンもOK。マルチパンを深めにすることで、調理パターンも広がった。

石川鋼逸さん:
世にないもの、そしてこだわりのメイドインジャパンの製品を使って、食の楽しみや喜びをわかっていただけたらありがたい

料理を更に楽しく…。一台三役の画期的な調理器具は料理の幅を広げてくれる。

(東海テレビ)