平成になり山あいで発見…神秘に満ちた巨石群に惹かれ24年間調査を続ける女性

岐阜・下呂市には、謎に包まれた「巨石群」がある。この巨石群は、5000年前にこの場所に運ばれ、暦を読むための天文台として使用されていたといわれている。

この記事の画像(9枚)

岐阜・下呂市金山町の山あいに突然現れる巨大な「金山巨石群(岩屋岩陰遺跡)」は、平成になるまでは森の中に隠れていて、その存在は知られていなかった。

調査員の徳田紫穂さんは、太陽を観測するための機能があるというこの巨石群を、24年間調査している。

調査員の徳田紫穂さん:
私が24年前に写真を撮ったのがここに差し込んだ光。(岩と岩の)間に太陽が沈むのが、冬の120日間。その光に感動して、そこから調査が始まった

徳田さんは巨石を「縄文時代のカレンダー」と説明し、岩のすき間から差し込む光の位置や形を観測することで、「うるう年」までわかるという。

5000年前にこの場所に運ばれたか…神秘に満ちた謎の巨石群

表面には観測の際につけたとみられる傷もある。これによって「夏至」なども見極められたのではないかといわれている。

徳田さん:
もともとここにあった石じゃないってことは分かっているんです。どこからか移動してきているって

5000年前にエジプトではピラミッドがあり、ヨーロッパではストーンサークルで太陽と星の動きを見られていることをあげ、「これらの岩が運ばれてきてもおかしくない」と徳田さんはいう。

神秘に満ちた下呂の巨石ミステリーだ。

(東海テレビ)