症状は徐々に改善するが…不安を抱えず医師に相談を

新型コロナウイルスの後遺症の症状は様々で、悩んでいる人が多くいる。若い世代でも味覚や嗅覚の障害のほか、せき・倦怠感・頭痛、人によっては記憶障害などがある。

この記事の画像(4枚)

コロナの症状が比較的軽い人の方が、後遺症を訴えることが多いと言われているが、愛知医科大学メディカルクリニックの馬場クリニック長は、軽症患者に対する医療体制に原因の可能性を指摘している。

愛知医科大学メディカルクリニック・馬場研二クリニック長:
中等症・重症の患者は、入院治療を受けてその後も医療機関でフォローされるケースが多い。一方、軽症の患者は自宅やホテルでの一定期間の待機となり、医療機関に相談する時期がないことが関係しているのでは

自宅療養者の数が増加傾向にあり、心配は高まるが、後遺症がこの先も治らないというわけではない。

愛知医科大学メディカルクリニックでのコロナ患者90人のうち、1カ月後の時点で症状が残っていたのは49人。3カ月後は28人、半年後は15人と、時間の経過によって徐々に改善していることもわかった。

しかし、まだ不明な点も多く、必ず治るという確立した治療法もないため、症状ごとに診療科につなぐというのが現状の方針だ。

馬場クリニック長は、強い不安を感じている方は遠慮なく相談してほしいと話している。

(東海テレビ)