長野・生坂村の「地域おこし協力隊員」の男性が、「ユーチューバー」として生き物や自然の映像を通じて村をPRしている。妻もカメラマンとなってサポートし、夫婦で励んでいる。

村のユーチューバーが魅力をPR

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
来ましたよ、来ました! これは珍しい、ミヤマクワガタのつがいです。ミヤマクワガタのメスは初めて見ました。仲むつまじく樹液を吸っています

ミヤマクワガタのつがい
この記事の画像(15枚)

生坂村の雑木林でミヤマクワガタに興奮気味なのは、村の地域おこし協力隊員の笠置克人さん(49)だ。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん

そして、その様子をカメラで撮影しているのは、妻の栄子さん。

笠置さんの妻・栄子さん

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
オスがメスに覆いかぶさって守っている。ほかの甲虫が来た時に追い払ったりする。メスに樹液を吸わせて体力をつけさせている

妻・栄子さん:
私も初めてつがいを見たので、興奮しますね

撮影した映像は、自宅のパソコンで編集し、動画投稿サイト「YouTube」へ。笠置さんは、いわゆる「ユーチューバー」だ。

活動の目的は…

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
村の知名度、好感度を上げていきたい。生坂村を全国の人に知ってもらい、来ていただいたり、住んでいただいたり。そういったことにつながればいいのかなと考えています

「長野県は憧れの地」

笠置さんの「どんぐりいろはチャンネル」には、生坂村の自然の豊かさをPRする動画が並んでいる。

2021年2月、近くの山で見つけたカモシカの動画に…

「野生動物 ニホンカモシカ」動画より

犀川では魚釣りをした。
そして、7月に投稿したカブトムシの動画。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
ほら! カブトムシだね。王者だよ、王者がカナブンを追い払っている。ああいうのを見ると心が踊ります

「いよいよ登場 カブトムシ」の動画より

笠置さんは神奈川県出身で、子どもの頃から山や川で遊ぶのが好きだった。
大学では、森林の保全や造林を学び、卒業後は山形県庁の職員となり、森林整備に携わった。
2002年から2年間は、青年海外協力隊員として中米のグアテマラへ。現地で植林を指導した。

グアテマラで植林を指導する笠置さん

その後、県庁を退職。栃木県に移住したが、娘が長野県内に就職したこともあり、より自然豊かな場所で暮らしたいと、2021年1月、生坂村の地域おこし協力隊員に着任した。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
昔から登山が好きで、長野県っていうのは本当に憧れの地で、いつか長野県で暮らしてみたいなと思っていたんです。
(生坂村の)自然はすごいですね。山や川に行けば新しい発見…こんなのもいるのか。時には絶滅危惧種に出会ったり、珍しい鳥、珍しい蝶に出会ったり、体で感じているというかね

アサギマダラ

業務は、生坂村の魅力発信。趣味だった「YouTube」への投稿も仕事となり、週に3本、これまでに約80本の動画を投稿してきた。

生坂村役場村づくり推進室・藤澤友宏係長:
魅力的な情報を発信してもらっている。情報発信の媒体は、さまざまな形で広がってきているので、発信方法の1つとしてYouTubeをやっていただくことは有意義

妻が撮影、夫は編集…夫婦で楽しく

笠置さんの活動を支えているのは、カメラマンをこなす妻・栄子さんだ。

妻・栄子さん:
初めはちょっと抵抗があった。顔が映ったり、私の声も入ったり、私もたまに映ったりするので、知り合いに見られると恥ずかしいなとか。
だんだん撮っていくうちに、好意的に見てくださる方がほとんどで、今は本当に楽しくやっております

カメラマンとして活動を支える栄子さん

チャンネル登録者数は次第に増え、移住して半年だが、住民から声をかけられることも増えた。

村民:
田舎に住んでいても、田舎の人が知らないことをあらためて掘り起こしてくれる。せっかくここに一緒に住んでいるんだから、楽しくやってもらえれば

撮影と並んで重要なのが編集作業だ。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
こういうのは、ノーカットでそのまま行っていいな。ちゃんとカメラも止まっていいね、母さん

笠置さんは、編集ソフトを使いこなし、映像をつないでいく。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
ダラダラした動画は好ましくない傾向にあって、テンポ良く、ポンポンいかないと別の動画に移ってしまう。"テンポ良く”を気を付けながらやっています

夏休み…子どもの好きな昆虫の紹介動画も!

朝、2人は雑木林へ…

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
夏休みも始まりましたので、カブトムシ、クワガタを探したい

夏休みの間は、子どもたちの好きな昆虫の紹介動画を作る。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
木の種類によってカブトムシがつく木、つかない木がある。つく木で有名なのは、コナラ、クヌギ、ミズナラ、クリ。その木でも樹液が出ている木と出ていない木があるので、出ている木を中心に探す

カブトムシは発見できなかったが、ノコギリクワガタを発見した!

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
小型だけど水牛型で、かっこいい。人気のオスのノコギリクワガタ、いつ見ても興奮します。いつ見ても、ノコギリクワガタはノコギリクワガタだね、母さんや

妻・栄子さん:
そうだね、かっこいいね、クワガタだし

笠置さんは、動画を通じて村の魅力だけでなく、自然環境に関心を持ってもらうことも大事だと考えていて、今後も精力的に投稿していきたいとしている。

生坂村地域おこし協力隊員・笠置克人さん:
やっぱり自然の中で楽しむこと、親しむことを発信して、皆さんに広く知ってもらえたら。特に子どもたちが楽しく川遊びしたり、魚をとったり、昆虫を捕まえたりしてくれたら最高だと思います

(長野放送)